2014年12月29日月曜日

バッチリ動きを止める小さな巨人がやってきた!



今年最後のお買い物!? ということで昨日、ソニーのα7IIがわが家にやってきました。

買う気、というか購買力の問題というかで、新たにカメラを購入するつもりはなかったのですけど、今発売中の日本カメラ1月号でレビュー記事を執筆&撮影させてもらったら、俄然α7IIが気に入ってしまい、来年2月に予定しているエストニア撮影では「ぜったいこのカメラで撮りたい!」と思わせてもらったのが動機です。

撮影の目的が明確でカメラを買うなんていうのはどれだけぶりのことか。カメラが欲しい、のでなく、撮るために必要、と思えたのどれだけぶりのことか。なんだかすごく嬉しくて、これまた久しぶりに枕元にカメラを置いたまま寝てしまったものです。

α7IIの特長はフルサイズセンサー搭載ながら小さなボディであることと、異常にすぐれたボディ内5軸手ブレ補正。

これなら、どんな条件でも、どんな被写体でもピッタリ止めて写せるゼ!と喜んでファーストショットにうちのウル坊を撮ってみたのですが...

思いっきりブレてますね(笑) でもこれはいわゆる手ブレでなくて、被写体ブレですよ!

表現です!(←言い訳)





【 カメラ: SONY α7II / ソニー LA-EA4/レンズ:MINOLTA AF 50mm F1.4 new 】

2014年12月23日火曜日

今年の不思議な毎月恒例



今年撮ったプライベート写真を整理していたらこんなスナップが出てきました。

画面下の中央下付近を並んで歩く二人の男性は、右が赤城耕一さんで左が宇佐見健さん。お二人ともいわずと知れた大先生であり大先輩であり、です。

服装からもわかると思いますけど、この写真を撮ったのは、暑さが本格化し始めた7月のことでした。寒さも本格化している今では実感湧かないですね。

去年の年末に宇佐見さんのスタジオで写真を撮っていただく機会があり、それを皮切りに急激に、写真展でご一緒したり、同じ講座に出席させていただいたり、同じ仕事で撮影させていただいたり、同じ座談会に出席させていただいたりした今年であったものです。そんなこんななことがあって、なぜか毎月集まって飲むのが恒例となった不思議で面白い今年でした。

酒飲みながら生でお話を聞かせていただいて、楽しかったなあ......

来年も宜しくお願い致します。





※ってまだクリスマスも過ぎてませんけど(笑)

※ (こっそり撮らせていただきました)

【 カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 / レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITALED 12-40mm F2.8 PRO 】

2014年12月21日日曜日

クアトロお借りして撮ってみたの巻

大変、嬉しいことに三層センサーのフォビオンを搭載して、シグマが世に放った「DP1 Quattro」をお借りすることができましたので、撮ってみました。


写真がまあアレで申し訳ないのですけど、一粒一粒を大切にするフォビオンの表現力には感服しざるを得ない思いです。3900万画素相当の解像感はもちろんですが、やはりRGBを取り込む三層センサーの厚みというか丁寧さ、質感の描写に惹かれます。


デザインがかなり奇抜になったことも、ある意味魅力的で、「Merrile」か!「Quattro」か! 論争を呼ぶところですが、ここはそれぞれのファンが存在してもいいのではないか?そんなことも思わせてくれる思い切りの良さがいいですね。


叶うなら、これ一台をもって旅にでたい。マジでそう思わせてくれる写真を愛するひとのカメラだと思います。





※こっそりブログしてるので、言いたいこといってます。

【カメラ: SIGMA dp1 Quattro】

2014年12月20日土曜日

ああ欲しいマーク2



驚愕の久しぶり更新となってしまいました。が、思えばこのブログも意味のないことをつらつらと書き綴り、しょっちゅう間を空けて、それでも懲りずに再開して、そのたびにどうでもよさを増してきましたので、ある意味これも正統といえるでしょう。

ごめんなさい。ホントすみません。

さてさて。それでも(これでも)おかげさまで雑誌等では過分に執筆させていただいております。日本カメラ1月号は12月19日の発売!曽根原は特集で「ソニー α7 II」や「」パナソニック LUMIX CM1」で実写・執筆をさせていただいております他、毎年幕張メッセで開催されています映像機器の祭典「Inter BEE 2014」の取材など担当させていただいております。

特に、ソニーのα7 IIは使ってみてすごく気にいってしまいました。握りやすくて操作しやすくて、5軸手ブレ補正が凄まじく効果的です。フルサイズなのにこの大きさでこの手ブレ補正は凄すぎる!来年2月には再びエストニアまで撮影旅行に行く予定ですが、なんだかそれまでに何としても手に入れなければいけない強迫観念で胸がいっぱいになってしまいました。

ああ、欲しい…

金がないことだけが悔やまれます。




※ 写真は犬吠埼灯台で展示されていた昔の灯台レンズと電球です。フレネルの様相が美しいですね。

【 カメラ: SONY α7 II / レンズ:SONY Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS 】

2014年9月21日日曜日

富津岬のこと、と、日本カメラ10月号



一昨日のことになりますが、千葉県は富津岬までブーブーで写真を撮りにいきました。晴れると聞いて朝駆けしたにもかかわらず見事なくらいドンヨリ曇ってて、思わずたそがれてしまったもんです。

富津岬は昔、まるごと陸軍の射撃試験場だったとかなんとかで、写真の向うのほうに見える建物は、試射した砲弾を観測するための監的壕だったとかなんとか。不気味すぎて近寄れませんでした。ところで、昨日、富津市が18年度に財政破綻しちゃうかも知れないなんてニュースが報じられていましたけど、まさか僕がここに行ったことと何か関係が、、、あるわけないか。

さてさて

日本カメラ10月号は20日に発売されております!今月号の表紙は小澤太一さんがナウル共和国というところで撮影された写真。小さい頃、学研の「ひみつシリーズ」で鳥が垂れた糞が積もってできた島があって、それが莫大な資源になっているという話を読んだことがありますが、どうやらこのナウルがその島だったようです。今は枯渇してしまっているそうですけど興味深いですね。日本カメラには小沢さん撮影の口絵ノートもありますし、今月写真展を開催予定で、写真集も出されるそうです。楽しみですね。

あ、曽根原もオリンパスの新製品のレビューや連載などしてます。一緒によろしくです。





【 カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 / レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITALED 12-40mm F2.8 PRO 】

2014年9月17日水曜日

眠り姫ってうらやましいな



とつぜん、「3時間くらい寝たら目が覚めちゃってそこからちっとも寝れなくなる病」を発症してしまいました。

しかし睡眠時間3時間がつづくと辛すぎるので、一日に2回、間欠的に寝るという訳の分からない生活スタイルになっちまってやがるです。

ねむいでございますこんちくしょう。





【 カメラ: TAMRON BRONICA RF645 / レンズ:TAMRON ZENZANON-RF 45mm F4 / フィルム:Rollei RETRO 400s 】

2014年9月15日月曜日

1号と2号



先々月にわが家にやってきた、ライツの引き伸ばし気「バロイ II」が、突如、細胞分裂を起こして2台に・・・

何てことはもちろんなくて、実のところは

最初のバロイ II(バロイ2の1号)にちょっと困ったことが起きる → 譲っていただいた方が大変に引き伸ばし機関連に詳しい方だったので相談 → もっともよい解決策を模索している間に超格安で2台目のバロイ II(バロイ2の2号)がやってくることに

といった流れでした。ライツの引き伸ばし機ってずっと縁がなかったのに、一度縁ができるとこうも濃厚になるものなのかと・・・世の中不思議なもんです。

ちなみに、同じバロイ IIでも制作時期によってさまざまなタイプがあるようで、左が中期型とよばれるもの、右が後期型とよばれるもの。細部や造りが微妙にことなっていていかにもライツの製品らしい話です。

そんなバロイ IIで焼いた「壁と不思議なドア」。

ええ、もちろん写真と文章には全然まったく関係がありません。あいかわらず。





上の写真【 カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 / レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO 】

下の写真【 カメラ: FUJIFILM CLASSE / フィルム:ILFORD HP5+ 】

2014年9月14日日曜日

「禁煙」



だいたい一ヶ月半ぶりの更新となってしまいました。これには深い訳がありまして、ブログをアップするのをすっかり忘れてしまっていたのです。

さて

忘れていたといえば、先月オリンパスのマイクロフォーサーズ用レンズ「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」を購入していたのですが、購入時が大〆切大会のまっさかりだったこともあって、使うに使えず仕舞いの状態がつづいていたものです。

それではいけないので、昨日、久しぶりに都内をウロウロして、「禁煙」と書かれた公園のベンチを撮りました。使い勝手も解像感もボケ味も価格も全部揃った素晴らしいレンズです。たまたま手前に写っていた猫さんも素晴らしい寝相で大満足ですよ!


このレンズと17mmF1.8をもってどっか旅に出かけたいものです。






【 カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 / レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 】

2014年7月31日木曜日

限定1時間!

先日、おうちに届いたライツの引伸機、バロイ II なんですが、月末だったりするものですからプリントする時間が全然まったくありません。

じかしです、カメラ買ったらとりあえず何でもいいから写真撮ってみたくなるじゃないですか?引伸機だっていっしょです。とりあえず写真焼いてみたくて焼いてみたくて、ああ、もう!です。

というわけで、「1時間だけ!」と自分に約束して試し焼きしてみました。水洗2分で完了するRCペーパーなら問題ありませんて。

結果、バロイちゃん、やっぱり素敵・・・でした。

なんだかバロイ使いたいので写真を撮りにいきたいという不純な動機が芽生えてきましたけど・・・・・・・・・・・・間違ってないよね?




※ ね?

【 カメラ: FUJIFILM CLASSE / フィルム:ILFORD HP5+ 】



2014年7月29日火曜日

VALOY II


某オークションで落札したライツの引伸機・バロイ II が本日おうちにやってきました。奥に写っているフジのF670MFで十分じゃないか、とも思うのですが、ほれ、なんだ、やっぱさ・・・まあイロイロあるもんです。

かなり古い機械ですけど、びっくりするくらい程度のいいもので驚きました。工作精度とか仕上げとかウェッツラー時代(旧)のライツらしくて異常に素晴らしいです。フィルムもピシっと平面になってくれるし、動作はスムースだしで次の暗室作業が楽しみでならんです。

まあ、引伸機自体の美しさとか、どうせ真っ暗ななかで作業するから関係ないっちゃ関係ないんですけどね(笑) そこは、ほれ、まあ、なんです・・・


それにしても早くこいつで暗室してみたい。しかしイロイロやることあって今はできない。曽根原は一応写真関連でオマンマ食べさせていただいておりますが、モノクロプリントは出費ばかりでまずお金になることはありません。

ああ、これを使ったお仕事があれば・・・・

・・・やっぱり本気な趣味の方がいっか。切りのいいとこでプリントに挑みたいと思います。





下の写真【 カメラ: CONTAX T2 / フィルム:ILFORD HP5+ 】

※残念ながらフィルムをスキャンしたものです。

2014年7月28日月曜日

リハビリ



ながらくブログさぼちゃったので、リハビリです。




※防湿庫買いました!現在2台目通算3台目

【 カメラ: CONTAX T2 / フィルム:ILFORD HP5+ 】

2014年6月29日日曜日

あいつがやって来た


体が資本のこの仕事、どんな忙しくても睡眠時間は十分にとるように心がけているのですが・・・

なぜかこの2日ほど、2~3時間で目が覚めてしまったあとギンギンに目が冴えてしまうという、厄介な現象に悩まされています。

なんででしょう?まさか何かの呪いでは・・・





※たぶん遅れてやってきた時差ボケです。

※写真はイスタンブルのグランドバザール近くにある子ども用品屋さんのディスプレイです。とっても可愛らしいですね。

※写真と文章は一切関係がありません。

【 カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 / レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 】


2014年6月28日土曜日

猫の中の猫 諸猫の王

梅雨が酷いですねえ、ちっとも晴れない。雨ばっかりなので写真も撮りにいけず、ひたすら家の中でPCに向かって石になっていた今日です。



そんな訳もありましてネタなんてまったくないので(大体いつもないけど)、先日まで行っていたトルコの思い出話でも上げてみようと思います。

イスタンブルは猫さんいっぱいいる街、そしてモスク(ジャーミー)がいっぱいある街。それぞれのモスクはとても立派な造りで、壁も絶対侵入不可能なくらい高く建てられています。あるとき、僕は例のごとく街のどこにいるのか分からなくなってしまっていたのですが(迷子)、たまたま辿り着いたモスクの壁の上を、素晴らしくしなやかに駆けていく猫さんを発見しました。走る様があまりにも美しく、そして速かったので、これぞ「猫の中の猫」、「諸猫の王」に違いないと思って数十年ぶりに全力ダッシュをかまして猫さんに追いつき写真を撮りました。



お猿さんでしたね。ええ。





※たぶんお猿さんのほうが珍しいでごザル。

【 カメラ: CANON EOS 70D / レンズ:TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di ll VC PZD MACRO 】

2014年6月27日金曜日

大遅きに失し



あのう...すでに来月のお仕事に向けて上を下への大騒ぎ中なのですがあ...

日本カメラ7月号発売中です。6月は半分の日をトルコ・エストニアで過ごしていたわけですが、出発間際まで今月号に向けててんやわんやしていました。帰国まであとわずかに差し迫った緊迫の最中に発売されていましたので、すっかりブログから抜け落ちちゃっていましたね。

連載の他、デジタルのPEN発売5周年・フィルムのPEN発売55周年にちなんだ記事や、特別付録のライカ本なんかで執筆しています。

あと今月は、月刊カメラマン7月号でも、ソニーやペンタックスの新旧レンズ比較など執筆させていただいております。

いつもながらなにとぞ宜しくお願いいたします!





【 カメラ: LEICA M6 / レンズ:LEICA SUMMICRON 35mm F2.0 / フィルム:FUJIFILM RDPIII 】

2014年6月25日水曜日

帰国、さてさて


さてさて

すでにトルコ・エストニアから帰国しております曽根原です。こうして無事におうちでブログなんて書いていられますのも、ひとえに皆さまのご声援あっての賜物と心し、熱い声援を胸に、今後ともますますの・・・(以下略)

それで

今日は旅先で撮った写真を整理するために、自宅のPCにデータを移行したのですが、それに掛かった時間がまさかの11時間。まあ、2重3重のバックアップも含めてですが、こんなに時間が掛かるとは完全に想定外でした。「撮らなきゃ撮らなきゃ」と思ってバシャバシャやっているうちにとんでもない撮影量になってしまっていました。

「撮らなきゃ」っていえば、帰国した日は日本酒飲んで風呂に入って慣れた布団で熟睡、のはずだったのですが、なぜか夜中の2時頃に「うわあ、写真が、写真が、撮れない~」って夢で目覚めて、その後また眠りに入ったものの、今度は夜中の3時ごろに「うわあ、バスに、バスに、乗り遅れる~」って夢で目が覚めてしまいました。ここで寝そびれるとたまらないのでドリエル飲んで強制睡眠に入りましたが・・・強迫観念と時差ぼけは本当に恐いです。

しかし努力のかいあって、その後、正常に睡眠を取り戻すことができました。ラッキーです。

さてさてさて

写真は、旅先のエストニアはナルヴァで撮ったもの。何かがキラキラと中を漂っていて雪かと思ったのですが、どうやらヤナギか何か植物の種子が一斉に飛んでいたようです。まぶしくてファインダーもライブビューも見えず、写ってるのかどうか分かりませんでしたけど、写っていました。

カメラってすごいですね。





※フィルムでも撮っているような気がしますが、果たして写っているのか、そもそも撮っているのか・・・

※もはや混沌の記憶でございます。

【 カメラ: CANON EOS 70D / レンズ:TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di ll VC PZD MACRO 】

2014年6月22日日曜日

明日帰国の途


写真はキフヌ島からの帰りのフェリーから撮影したもの。雨だったり曇ったり晴れたり、何だかやたら忙しい天気でしたけれど、文字通り晴れ間をぬって撮って撮って撮りまくって何とか必要な写真は揃えられたんじゃないかなと思います。

日本に帰ってキチンと整理&確認しないと確証はもてませんが...

まあ、とりもあえずは今回の旅も帰路へとさしかかることができました。


無理すればキフヌ島からその日のうちに空港へ直接行くこともできますが、そこはそれで何があるか分からないので首都のタリンで一泊して飛行機に備えることにしています。

そういえば、今回のエストニア行きで思ったことですけど、タリンも4年前に比べると明らかに日本人観光客が増えているような気がします。これってまさか...

曽根原が昨年9月に開催した写真展を見てエストニアの素晴らしさを知り、自分も行ってみようという方が増えた結果、なんてことは

ないよな。




※ 分かってるって

上写真【 カメラ: CANON EOS 70D / レンズ:TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di ll VC PZD MACRO 】

下写真【 曽根原がもってるスマホ 】

2014年6月20日金曜日

太陽だ!


キフヌ島、見事に晴れ上がりました!

という訳で大変忙しくなってござ候。なにしろ日は果てしなく長いですからね。でも牛さんは暇そう(笑)





【 カメラ: CANON EOS 70D / レンズ:TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di ll VC PZD MACRO 】


2014年6月19日木曜日

キフヌ島は本日、雨


昨日の朝にナルヴァを出発して、夜にキフヌ島に到着しました。移動にほぼ一日かかってしまった感じです。

このキフヌ島は、リコーイメージングスクエア新宿で昨年開催させていただいた写真展の撮影地。まさかまた来れるとは思っていなかったので感無量でドキドキワクワクソワソワオドオドな曽根原です。

なんですけどお

今日は朝からドン曇り&雨といった状況がつづいており、今回必要とする写真を撮るには大変不適切な天候なのです。4回目のキフヌ島ですが、今まではたまに通り雨がある程度で基本的には晴天に恵まれていました。それがデフォルトかと思っていたけれども、どうやら運が良かっただけのようですね。

天気予報を見る限りでは、明日の夕方から晴れるかもしれないようですのでキフヌ島の滞在時間を延長してチャンスをまとうと思います。

しかし、雨だとやることないな…





【 カメラ: CANON EOS 70D / レンズ:TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di ll VC PZD MACRO 】


2014年6月18日水曜日

城撮ってるばあいじゃないのですが…


エストニアの町ナルヴァから見た、ロシアのイヴァンゴロド城です。でーんでーんでーんでででーんでででーん、ってBGMが聞こえてきそうですね。手前のナルヴァ川の中央付近に国境線がある訳ですが、もちろん泳いで渡ったりしたら大変なことになります。川幅は200〜300m位といったところでしょうか。


ちょっと望遠レンズを使ったりすれば、お隣ロシアの生活も、やだ!まる見え!ってくらいすぐ近くです。


国境の橋はこんな感じで、皆さん普通に歩いて行き来していました。もはや生活道路って感じですが、曽根原は一応日本人でロシアのビザをもっていないため渡ることができません。渡ってみたかったんですけどね。


ロシア側のイヴァンゴロド城と川を挟むとエストニア側のナルヴァ城が対峙しており、ご覧の通り昔から要害の地だたようです。エストニアとロシアでこの川の中央を国境とすることが確定したのも去年の話。

そんな、大変興味深い町なのですが、この写真を撮った時以外はひたすら雨が降りつづき、思った程の半分も写真が撮れていません。もうこうなったら、明日早起きして数時間でも撮りまくったることにします。

というわけでおやすみなさい。





※ 明日、晴れますように…

【 カメラ: CANON EOS 70D / レンズ:TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di ll VC PZD MACRO 】

2014年6月17日火曜日

さあ!舌を巻いてネルヴァ


エストニアの首都・タリンをバスで発して別の目的地まで来たのですが...

今日は大変でした。ホステルからバスターミナルまでタクシーで向い(リッチに)、サンキュー!!と意気揚々と運転手さんにお礼をいって、いざ目的地にと思ったところ

車内に携帯電話を忘れたのに気づきましたorz

諦めようかと思ったのですが、まだ購入して3ヶ月ほどでン万円の損になってしまいます。意を決してバスターミナルのインフィメーションのオネーサンにヘルプしたところ、タクシー会社に連絡を取ってくれて数十分後に先の運転手さん直々に携帯電話を届けにきてくれました。たまたまタクシーの会社と車のナンバーを覚えていたので何とかなりましたが、エストニア人はやっぱりとっても親切です。

そして、今日向かったところは、エストニアとロシアの国境の町、ネルバ。ルは舌を巻いてネルヴァです。住民の95%がロシア系住民というだけあって行きのバス内もロシア語が飛び交い、皆様(横に)大きくて普通に座っていても肉弾に押しつぶされてしまう苦境でした。

やっとのことで辿り着いたネルヴァ(舌を巻いて)


すっげーソビエト!!!文字読めません。エストニア語も読めないけど。


そしてここにもシースー





【 カメラ: CANON EOS 70D / レンズ:TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di ll VC PZD MACRO 】

2014年6月16日月曜日

3S(涼しい・爽やか・Sトニア)


朝7:00にイスタンブルのホテルをでて夕方17:00頃に到着。今日からエストニア共和国です。

ホステルに着いて準備をしてタリンの街を散策したら、なぜか毎年いくあの店もこの店も、どの観光施設も閉まっていてあまり人気(ひとけ)がありません。おかしいなと思って時計をみたら夜の9時。そりゃ皆さん家に帰ってくつろいでる時間ですよね。


しかし、この季節のエストニアは、涼しく、爽やかで、あまりにも過ごしやすいです。街はどこもこぎれいで、朝までいたイスタンブルの雑踏と喧噪はなんだったのか、と...

とっととエストニアにくればよかったかな。

明日は首都タリンを離れ、前から行ってみたかった別の街に行きます。





【 カメラ: CANON EOS 70D / レンズ:TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di ll VC PZD MACRO 】




2014年6月15日日曜日

戸締まりにご用心


今日はちょぴり遠出して「テオドシウスの城壁」という遺跡を見に行ってきました。

テオドシウスさんはイスタンブルがコンスタンチノープルと呼ばれていた東ローマ帝国の皇帝で、コンスタンチノープルの市域を拡大するとともに、海から海を繋ぐでっかくて長い鉄壁の城壁を造って街の守りとしたそうです。

おかげでコンスタンチノープルはその長い長い歴史の中、1453年にオスマン帝国に滅ぼされるまで一度も直接的な攻撃で陥落することはなかったとか。ちなみに1453年っていったら、日本では一休さんが将軍様や桔梗屋さんをあいてに虎を屏風から出すの出さないので揉めていた頃かな???そう考えると、それでも十分昔ですね。

で、いってみたら、確かに壁はひたすらでかくて長かったです。それはもう呆然とする程。これでは攻め込むなんて全然無理、もし僕がオスマン帝国軍の将軍かなんかで皇帝にコンスタンチノープル攻めを命令されたりしたら「まじ無理っすよー、やめましょうっすよー」って具申しますね。間違いなく。それくらいすごい壁でした。

そんな、難攻不落のコンスタンチノープルが何故落ちたか?オスマン軍も根気よく大軍で攻めたもののやっぱりなかなか攻略できず、ほとほと困っていたそうですが、あるとき城門の一箇所の鍵がしまっていないことに気づいて、そこから普通に中に入っていったとか。1000年以上を守り抜いた城塞都市を落とすことができた秘訣は、なんと鍵の閉め忘れ...って...うち、ちゃんと鍵閉めてきたかな...

さてさて

明日で長いようで短かったイスタンブールも最後です。ありがとうイスタンブル!楽しかった!僕は心置きなく日本に...

帰らずエストニアに向かいます。実はここからが本番。





【 カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 / レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 】

2014年6月14日土曜日

ボスポラスを超えて猫びより



イスタンブルの途中ですがここでニュースをお伝えします。

先日12日(日本時間)に発売されました「猫びより7月号」では、誌内の「安泉香」という虫除け商品の紹介記事中に「安泉香とともに曽根原のうちでくつろぐ飼い猫ウルちゃん」の様子が掲載されている模様です。

ブログに掲載の写真はイスタンブルで高価な絨毯を毛だらけにしながらお昼ねする猫さんの様子。本件とは一切関係がありません。





※ボスポラスとは黒海とマルマラ海・エーゲ海を繋ぐ海峡のこと。最も狭いところで幅800m程度しかなく、イスタンブルをヨーロッパ側とアジア側に隔てている。昨年、日本の支援で地下鉄が開通したが、まあお台場と品川シーサイドを繋ぐ東京のりんかい線みたいなもんだと思えばよい(違)

【 カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 / レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 】

2014年6月13日金曜日

いわゆる古民家地域猫


イスタンブル3日目。

有名スポットばっかり見てると食傷気味になってしまうので、裏路地を散策してみました。写真はトルコの伝統的な民家だそうで、よく見てみると街のあちこちに打ち捨てられたようにこんな感じの家が点在しています。

まあ、なんといいますか、やさぐれてたり、うらぶれてたりする方が個人手には好みなので、こうしたかつての残滓みたいなのがあるとホッとしたりもします。なんか暮らしてる感がりますよね。もちろんいい意味で。



それにしてもイスタンブルは猫さん多い。大げさに言えば、何か撮ろうとするとファインダー内に猫さんが飛び込んでくるレベル。しかも、なんだか地域の人たちに偉くかわいがられてるようで、かなり人懐っこいです。

ネコバッカ帝国だ。





上写真【 カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 / レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 】

下写真【 カメラ: CANON EOS 70D / レンズ:TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di ll VC PZD MACRO  】



2014年6月12日木曜日

逆さ怪人


イスタンブル二日目です。ゆっくり寝たので今日は朝から元気にイスタンブル巡りしましたですよ。

巡ったといっても、ビザンティオン→コンスタンチノープル→イスタンブルと2000年以上の歴史をもつ都市なので、全てのうちのほんのちょっぴりでしかないですけど。

で、今日いちばん面白かったのが、トプカプ宮殿とかアヤソフィアにほど近いところにある地下宮殿と呼ばれる遺跡。本当に宮殿ってわけぢゃないですけど、4世紀だか5世紀だかの東ローマ帝国時代に造られた地下の貯水池だそうです。

かなり大きな地下貯水池でなのですけど、地元の人が何となく存在を知ってほそぼそ利用してた以外は忘れ去られてしまってたとか。驚きなのは人目につかない地下施設にもかかわらず336本の大列柱が天井をささえていること。

しかも、写真みたいにちゃんとヘレニズムだかローマンだか調の装飾が施してあって…

見えないところに趣向をこらすなんて、ローマ人って、なかなか粋なもんぢゃねーかい!あんた江戸っ子だねー!

ところで写真の逆さ首は髪の毛が蛇で有名なメドゥーサさんだそうです。

こんな見えないとこでも、頭蛇女に戒めを受けさせようだなんて、ローマ人ってなあ、酷だねえ…





※周辺は日本人を狙ったツーリストマフィアがうようよしてるので気をつけましょう。曽根原もひつこいくらい付き纏われました。

【 カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 / レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

2014年6月11日水曜日

イスタンブルからおやすみなさい


もはやブログの更新が滞ることに開き直ってしまった曽根原です。こんにちは。

現在、トルコ共和国のイスタンブールにきています。教科書や物語によく出てくるので知りまくっていた歴史ある町に、今こうしていることは感無量…

と言いたいところですが、ほぼ徹夜状態で日本を出発して飛行機で飛ばされること12時間、ついたのが朝の4:00で、空港から町にいってホテル探すのにてんやわんやしてしまたこともあり、むちゃくちゃ疲れてしまいました。

とりあえずホテルの近くをウロウロしてみましたが、なんというかやっぱり観光地ですね。楽しいです。猫もいっぱいいます。今回は猫撮りにきた訳でないですけど。



ここいらへんの名物、サバサンドが美味しかったです。名前のまま焼いたサバがサンドされてました。

というわけで、今日は早く寝て(現在21:30)、あすから一生懸命写真撮ります!


カメラ: CANON EOS 70D レンズ:TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di ll VC PZD MACRO 

2014年5月24日土曜日

急接近



今日は、あれやコレヤなんやカンヤを撮りに、あちらコチラそちらドチラを、ウロウロウロウロしました。天気もよくて気持ちよく撮影できたもんです。

特に猫さんを撮りに行ったわけでもないのですが、なぜか今日に限って猫さんにやたら遭遇するという、そんな日でした。

みょ~に近づいてくる猫さんが多かったので、写真はあんまり撮れませんでしたが...





【 カメラ: Panasonic LUMIX GM / レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 】

2014年5月23日金曜日

扇風機だしたものの



なんだか夏っぽくなってきたので扇風機(兼サーキュレーター)を出しました。

快適、快適♪ って思っていたのですが、実はまだ梅雨も迎えていないんですねえ。あのジメジメジメジメして、洗濯物も乾かず、食べ物には直ぐカビが生え、髪の毛がクルクルンっとなってしまう最悪季節が来る前にいろいろ準備しなきゃいけないような気がするなあ。

防湿庫の増設とか...





【 カメラ: PENTAX K-3 / レンズ: PENTAX HD PENTAX-DA 40mmF2.8 Limited 】

2014年5月21日水曜日

JIBARAカメラ



どうもうちのネコちんが換毛期を迎えたようで、ちょっと撫でるだけで大量のお毛々が舞い散ります。毛は困るので撫でないようにしたいのですが、ことあるごとにナデナデを強要され、断ることもできず追い詰められている曽根原です。

と、そんなことより、相変わらずこのブログのネタのなさに困り果てているのが本当のところなのですが

昨日日本カメラ6月号発売されました。「自腹購入カメラのここに惚れた!」でソニーα7のこと書いたり、新発表のソニーα77・α7s・RX100IIIのことかいたり、タムロン16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACROのレビューをしたり、その他いろいろ

どうぞ宜しくお願いします!


【追】

カメラグランプリ2014の結果発表も今月号でされています!今年から選考委員の投票内容と投票理由が公開されることとなりました。果たして結果は・・・こちら






【 カメラ: SONY α7 / レンズ: SONY Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA 】

2014年5月18日日曜日

ブログネタ枯渇常態化宣言



(前略)

昨日、長年愛用していたハードディスクケースが壊れてしまったので、あわててネット通販で注文した新ハードディスクケースが、今日、届きました。

ちょっと詳しくない方のために解説をしますと、そもそもハードディスクケースというのは~~(中略)~~というわけで、これがないとデータのバックアップがとれず非常に危険な状態なのです。インターフェースと速度の話をしますと~~(中略2)~~ですので、若干転送速度が遅くなってしまいましたが便利さはアップ。やはりデジタル関連の周辺機器は新しい方が断然いいですね。

それなら今日ブログにアップすべき写真は、そのケースが稼動しているところだろう?というご意見ももっともだと思います。

それをおして我が家のウル坊を写真に載せてきた理由はといいますと(以下略)





※ごめんなさい。

【 カメラ: FUJIFILM  X-T1 / レンズ: FUJIFILM FUJINON XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS 】

2014年5月17日土曜日

トイレに懸ける執念(猫用)



先月始めに注文しておいたトイレ(猫用)が、今日、ようやく届きました。

これまで上にカバーがあって前面が開口している普通のトイレを使っていたのですけど、うちの猫のウル助は用をたすときに盛大に砂遊びするのが日課というか趣味というか性癖というかでして、部屋中に砂(猫用)が飛び散って困っていました。新型トイレは開口部が上にあるので、その心配もかなり軽減されます。

しかし、こんなケッタイな形のトイレ使ってくれるのだろうか? と思っていましたが設置するや10分ほどで「使用中」になっていたのでまずは安心です。猫の順応力は素晴らしいですね。

そういえば、遥か太古(曽根原がとっても若かったころ)友人の家の猫が車に轢かれて後ろ脚を複雑骨折するという事件がありました。治療中は後ろ脚を固定しているわけでしたが、トイレにいきたくなると、やにわにニャーニャー鳴き叫びながら後ろ足を引きずって、家の外にあるいつものトイレ(近所の畑)まで這いずって出かけていました。猫のトイレに対する執念、これも素晴らしいですね。





※くどいようですが猫用トイレです。

【 カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 / レンズ: OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 】

2014年5月15日木曜日

お詫びと夢と希望



こんばんは。エストニアに行くことになったけど買ったガイドブックはイスタンブール、といういい加減な内容をアップしたまま更新をサボっていた曽根原です。

今日はお詫びがあります。

前回あまりにテキトーな内容でしたので、ブログを見ていただいた方々から直ぐに出発するものだと思われてしまい、人によっては「あれ?なんでいるの?」なんて言いたげにしていらっしゃいます。

え~

エストニアに行くのは来月のことでして、実は何を隠そう!その前にトルコにも行けることになりました。ところがトルコのイスタンブールは興味はあるけど写真的には用事があまりないところなので、トルコ国内を飛行機で早移動しようと考えています。

どなたかトルコ国内の飛行機の予約の仕方、知りませんか?こんなことなら優しいトルコ人のお友達をつくっておけばよかった。これまでトルコ人にお会いしたことありませんけど。

ところで、行きたいな、と思ったところがことごとく娼婦街で有名だったり避難勧告が出ていたりするのですが、これはいったい・・・・・・





【 カメラ: FUJIFILM  X-T1 / レンズ: FUJIFILM FUJINON XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS 】

2014年5月11日日曜日

すでに方向音痴



昨夜のことですが、「普段食べつけない美味しいものをタラフク食べる」なんてことをしてしまったためか、今日は朝からお腹の天気が大変悪かったです。急な贅沢は体によくないのかもしれませんね。

まあ、それでも昼過ぎには復活して、だいたい元気に撮影に出かけたものです。

さてさて

つい先日、急遽エストニアに行くことになり、急遽航空券を手配するといった、普段動きの緩慢な曽根原にしては機敏なことをやってのけてみました。エストニアに行くのはこれで4回目になりますが、考えてみれば、あの有名な「地球の歩き方」ももたずに行き当たりばったりで旅してたので、今回は準備をちゃんとしてみようということで、今日の撮影ついでに本屋さんに立ち寄って買ってきました。


イスタンブールとトルコの大地!!!

(ちがうだろー)





※写真はイメージです。

【 カメラ: FUJIFILM  X-T1 / レンズ: FUJIFILM FUJINON XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS 】

2014年5月1日木曜日

すでに


5月になっていました。





【 カメラ: SONY α7 / レンズ: SONY Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA 】

2014年4月29日火曜日

ああ高原の空気



今日は珍しく来客がありました。そう、エアコンを取り付けてくれる工事のおじさんがいらしたのです!ちなみに曽根原もおじさんです。

取り付けている最中、僕が、エアコンのスペックとか性能とか、他社との比較とか、消費電力とか動向とか、やたらこまごまと聞いてくるので最初は不思議そうでしたけど、そこは男の子どうし(←)、最後は楽しく家電話に華が咲きましたとも。もちろんお礼に、うちのお掃除ロボについてうんざりするくらい詳しく説明してあげました。

そんな曽根原が購入したエアコンのブランドは・・・


霧ヶ峰!!!

曽根原はホンモノ霧ヶ峰が見える町に住んでいたことがありますのでとっても懐かしいです。あの涼やかな高原の風が我が家に吹きすさぶのかと思うとこれからのクソ暑い季節が楽しみでなりません。

霧ヶ峰・・・思い出すなあ、授業さぼってバイクで行ったり、授業さぼってバイクで行ったり、授業さぼってバイクで行ったり、授業さぼってバイクで行ったり、授業さぼってバイクで行ったり、授業さぼってバイクで行ったり。






※猫の写真は本文と関係がまったくありません。ただ載せてみたかっただけです。

上写真【 カメラ: SONY α7 / レンズ: SONY Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA 】

下写真【 カメラ : OLYMPUS STYLUS XZ10 】