2012年1月31日火曜日

ぼちぼち撮って設定してます

452



今日は、いえ、今日も大してNEX-7をいじれなかったのですが、所用でお会いした編集さん(同じくNEX-7を入手)とお話したところ、「明らかに質感も描写も良くなっているよね!?気のせいじゃないよね!?」という感じで盛り上がりました。



発売が遅れてしまったことが、プラスのベクトルになった稀有の例ですね~^^



調子に乗ってM42マウントの古いレンズ、Super-Multi-Coated TAKUMAR 55mm f1.8 をマウントアダプターで装着して撮ってみましたが、さすがの高画素・高解像度だけにありえないくらい収差まで克明に写し取ってくれました。恐るべし!(笑)



453



ところで、NEX-7は他のNEXシリーズと違って大きなダイヤルが二つと、シャッターボタン脇にナビゲーションボタンが追加されて、ファンクションボタンの割り当て自由度がかなり高くなりましたが、これを駆使して自分の撮影スタイルにあわせれば、使いやすさは格段に向上しますです。



昨日は、何をどこに割当てるかで説明書とにらめっこして、3時間くらい悩んでしまいました。おかげで、けっこう寝不足です・・・



あんまり、書くと僕の持ちネタが切れるのでこのくらいにします。



おやすみなさい。







※写真がつまんなくてゴメンナサイ・・・



※写真はクリックでちょこっと大きくなります。



※写真・機材話のブログ Photolog of NEKO-PHOTOもよろしくお願いします。



上写真【 カメラ:SONY NEX-7 /LA-EA2/M42→Aマウントアダプター/ レンズ:PENTAX Super-Multi-Coated TAKUMAR 55mm f1.8  】









2012年1月30日月曜日

こんなそんなのアルプスとNEX-7

451_2



こんなアルプス(日本のね)が見えるところに行っていました。



金曜日にソニーのNEX-7を入手して、開封もせずにそんなアルプスの見えるところに行き、お仕事の合間をぬって撮ってみたり、実際に実践に投入してみたり・・・



NEX-7は例のタイの洪水被害で発売が遅れに遅れていましたが、「その分、出荷までに画像処理や操作フィーリングが向上する可能性が高い」ということになっていて、本当ですか~?という疑問もなきにしもでした。



んが!



明らかにフィーリングは良くなっています!高感度で癖があってナンダカだったノイズも格段に良くなって贔屓目でなくても十分ISO1600が実用にいけますよ!気のせいかと思って簡易に確認して見ましたが、格段に良くなっています。APS-Cで2,400万画素なのにすごい!



んがが!



なんだか興奮気味に書いているように思われるかもしれませんが、先ほど帰ってきたばかりで、疲労も眠気ももう限界・・・まだまだカメラも語れるほど触っていません。



続きはまた追々と、お願いします~







※写真はクリックでちょこっと大きくなります。



※写真・機材話のブログ Photolog of NEKO-PHOTOもよろしくお願いします。



上写真【 カメラ:SONY NEX-7 】







2012年1月26日木曜日

洞窟から

450



今日は書き書きする必要があったので、朝起きて直ぐにとりかかり(←めずらしい)ました。予定としては16:00までには仕上げて新宿に行き、写真展を拝見させていただいて、さらには週末の出張用の列車予約をしようかな~、という豪勢な献立だったのです。



しかし・・・



書き書きが終わったのは21:00も近いころで、現実は、ちょっとだけ見える外の世界から世界の全てを決め付ける洞窟のイデア君でした。はぁ。



ところで、CP+も近いのですね。なんだか写真の世界はザワザワしていますが、実際のところはどうなんでしょう?デジタルカメラのうねりは毎年大きくて、少し前の機種がもう当たり前に存在している古女房のようです。



今日の写真はキヤノンのPowerShot S100 でまだ新しいカメラです。とてもよくできたコンデジでこれを購入された方は良い写真撮っているんだろうな~、なんて思います。



あ、コンデジは「絞らず」で(笑)



いや、ちょっとくらい絞っても大丈夫ですが。







※写真はクリックでちょこっと大きくなります。



※写真・機材話のブログ Photolog of NEKO-PHOTOもよろしくお願いします。



写真【 カメラ:Canon PowerShot S100 】









2012年1月22日日曜日

憧れのロングランレポート!(PEN mini E-PM1 第1回)

449



それは曽根原がまだヨボヨボになる前、麗しき青年時代のことでした。毎月、毎月、遠く山の国で日本カメラを買っては「ロングランレポート」というコーナーを読みふけり憧れていたものです。



ロングランレポートがどういうコーナーかというと、写真家さんやライターさんがカメラ・その他撮影機材を自腹で購入し、長期にわたって使用状況や感想をリポートするというものです。速報性をもった写真雑誌独特のリポートとはまた違った良さがあって、妙に生々しくて身近で、なんだかウレシハズカシ愛してる~見たいな楽しさを感じたものでした。もう随分昔の話です・・・



んが!!!



今月発売の日本カメラ2月号で、この曽根原(ごとき)もついに参加させていただけましたのです。使用機材はオリンパスのPEN mini E-PM1です。半ページですが、もう嬉しくて嬉しくて本を抱いて寝たら破れてしまったものでしたよ(※)。



掲載は不定期ですので次回はいつか未定ですが、1回で終わってしまわないように頑張ります。ハイ!



その他、1インチ以下のイメージセンサーを持ったデジカメを楽しもう、という企画「プレミアムコンパクトを愉しむ」、銀塩TODAY、そして連載の「知ってて良かった写真の知識」など参加させていただいております。



よろしければご覧くださいね!



よろしくお願いします。







※抱いて寝て破れたのはウソです。ごめんなさい。



※写真はクリックでちょこっと大きくなります。



※写真・機材話のブログ Photolog of NEKO-PHOTOもよろしくお願いします。



写真【 カメラ:RICOH GRD IV 】







2012年1月19日木曜日

あってよかった

448



小さいころは、海のそばに住むのが夢でした。それがなぜか、山の国の信州で十数年を過ごすことになっていたのですが、関東に来て海が近くなったのは幸いです。



最近では富士山がいつも見えるところに住みたい、も夢のひとつになりました。関東にきて空気の澄んだときには富士山が見えるのが影響したと思います。



海と富士山・・・いいですね。



今日は富士山の見える海岸に行きました。日中はかすんでよく見えませんでしたが、夕方はシルエットになってよく見えました。万歳っす。



手元に望遠レンズがあって良かったです。なんのーかんのー言いますが、撮るものがなければ写真は撮れんですね。手ブレ補正もついててヨカッタ、です。



※【 !! 】写真は不用意に強調加工してあります。ご用心!



※写真はクリックでちょこっと大きくなります。



※写真・機材話のブログ Photolog of NEKO-PHOTOもよろしくお願いします。



上写真【 カメラ:SONY NEX-5 / レンズ:SONY E 18-200mm F3.5-6.3 OSS 】







2012年1月16日月曜日

ニセ銀残し

446



昨日の「ブリーチバイパス 」ですが、もともとは映画で使われていた手法を銀塩に応用したものだそうです。そう教えてくれたのは5月にコニカミノルタで写真展を開催される写真家の鹿野貴司さんでした。Twitterで・・・w



ブリーチバイパスはどんなものかといえば、明部の彩度を抑えつつ暗部のコントラストを強調する、というものだそうです。そういえばそんな感じの映画やポスターけっこう見かけるような気もします。



すごいですねぇ・・・、と思いましたが、そういうことならレタッチソフトの定番、フォトショップでいじれば手動でできちゃうのでは?と思いやってみたのが上の写真。



おお、結構それっぽいような・・・。割とさっくりできちゃいました。



447_2



面白いのでもう一枚・・・おお、冷調でもそれっぽいような。



下の写真はCX6で撮りましたが、普通に撮ったものをフォトショで加工したのです。面白いので「ニセ銀残し」としてアクションに登録しておきました、とさ。







※写真はクリックでちょこっと大きくなります。



※写真・機材話のブログ Photolog of NEKO-PHOTOもよろしくお願いします。



上写真【 カメラ:SONY α-77 / レンズ:SONY DT 30mm F2.8 MACRO SAM  】



下写真【 カメラ:RICOH CX6 】









2012年1月15日日曜日

デジタルフィルターに興味もって、ちょっと知ったかぶりな話

443



デジタル的に加工するフィルターって、カメラ内臓のものでも、あとからソフトウエアで適用するものにしても、いまいちお遊びのお仕着せと思っていましたが・・・



もともと銀塩プリントでも手焼きではやっていたことでもあるし(全てではないですが)、実は真剣に取り組めば結構使えるのではないのかな、と思うこの頃です。だって遊んで撮ったつもりのフィルターが明らかにオリジナルよりいいこと多いのだもの。



ただ、あまりに簡単にできてしまうので、ちょっと重みというか価値を感じにくいところがありますね~。



上の写真は、リコーのCX6搭載のブリーチバイパスです。このフィルターで「おお」と思い、後にGRD IVのブリーチバイパスを使ったらさらに「おお!!」でした。



撮影地は松本市で、山間という地形だけに市街地でも清純な湧水が美しいのですが、そのこととまあいいでしょう。



444



オリンパスのE-PM1で、RAW現像のときにポップアートとピンホール効果とフレーム効果をあててみました。ポップアートなんて名前聞いただけで避けていたのですが、これも結構いいんじゃないかな。



この写真は近所で撮ったもので、一応首都圏ながら殺伐とした無機質な風景が多いのですが、夕日が全てを美しく包み隠してくれる頃はなかなか感傷的になれます。ちっともいいことないので、行ってみよう!とか思わないでくださいね。



445



同じく、トイフォト+フレーム効果。



個人的にはGRD IVのブリーチバイパスが ええな と思いますが、カメラ内で設定しないといけなくて後からがけは基本的にできないので残念です。アドビのライトルームにもブリーチバイパスがデフォルトのフィルタで用意されているのですが、出来上がりが随分違ってこれまた残念。



ちなみにですが、ブリーチバイパスのスペルは “bleach bypass” (bleach・漂白 bypass・省略 ね)で、銀塩プリントでカラー現像のとき漂白処理をしない「銀残し」という手法です。偉そうに言っていますが、そんなプリントはやったことありません。



しったかぶり豆知識でした。











※知ったかぶりしてゴメンナサイ。



※写真はクリックでちょこっと大きくなります。



※写真・機材話のブログ Photolog of NEKO-PHOTOもよろしくお願いします。



上写真【 カメラ:RICOH CX6 】



中・下写真【 カメラ:OLYMPUS E-PM1 / レンズ:Panasonic LUMIX G VARIO 7-14mm 】













2012年1月11日水曜日

位相差AFできるアダプターですが (その3)

442



Eマウントのレンズと、Aマウントのレンズ、どっちがいいか?ということなら、NEXで使用すると考えればそれはもう専用のEマウントレンズでしょう。



なにしろ専用なので、NEXの機能をまんべんなく使えるわけだし、描写もEマウントレンズのほうがいいです。くれぐれも言いますが、NEXで使うならです。描写に関しての大きな理由は、APS-C専用設計で、なおかつNEXの短いフランジバックを有効に考慮したレンズ設計で最適化が計れるから、じゃないかな~と思います。



少なくとも、Aマウントのツアイス ディスタゴン24mmf2と、Eマウントのツアイス ゾナー24mmf1.8ではゾナーのほうが(厳密には)良かったし、DT 30mm f2.8 マクロと、E 30mm f3.5 マクロでは(厳密には)E 30mmのほうが良かったです。くれぐれも言いますが、あくまでNEXで使った場合のことで、しかもAマウントレンズ+アダプターでも十分高画質です。あえて言うなら、です。



でも使いやすさではEマウントレンズで、AFの速さならAマウントレンズ+LA-EA2ですね、いまのところ。そして、LA-EA2があれば、撮影でAマウント機がいう事きかなくなってしまったとき、すばらしいサブ機となってくれるの違いありません。



でも、マウントが違うからって、おんなじ焦点距離でおんなじメーカーのレンズを買うのは、ちょっと悔しいかも・・・



結局のところ何が言いたいのかといえば、



NEX-7がやっぱりほしい!であって、ディスタゴン24mmとゾナ-24mmやっぱり両方ほしい!ということです。



いまのところ全てもっていません 悲



こんなくだらない事に長々とお付き合いさせてしまって、まことに申し訳なく思います。



おやすみなさい。







※写真はクリックでちょこっと大きくなります。



※写真・機材話のブログ Photolog of NEKO-PHOTOもよろしくお願いします。



【 カメラ:SONY NEX / レンズ:SONY E 30mm F3.5 Macro 】











2012年1月10日火曜日

位相差AFできるアダプターですが (その2)

441_2



手持ちのNEX-5に LA-EA2をセットしてAマウントレンズで撮る、と、この場合はやはりα900(生産完了しましたが)やα77なんかのサブ機的な役割が大きくなるかな、と思います。



サブ機なので、Aマウントで僕が一番良く使うバリオソナー24-70mmを試して見たのですが、当たり前のようにフロントヘビーですごくよくブレてしまいますです。対策としてはISO感度を高くしてシャッタースピードを稼ぎ、全身のチャクラを開放して身体を安定、一瞬の迷いもなく針を通すようにシャッターボタンを押す、見たいな感じで非常に神経を使うのです。



そんな疲れるミラーレス機ってあり???



望遠レンズとなるとなおさらのことで、晴天の屋外意外では三脚必須かもしれません。でも三脚使ってじっくり撮るならハーフミラーのあるLA-EA2より、素通しのLA-EA1のほうがいいような気もします。AFこそ激遅ですが、三脚まで使うならあまり問題もないかと・・・



透過ミラー有りのLA-EA2と無しのLA-EA1ですが、画質にたいしては実質影響がありません。でも、無いといわれてもやはり精神衛生上よろしくないので、許されるのであればミラー無しにしておきたいなー、というのも人情というものでしょう。



まあ、重いズームや望遠では苦しい思いをしてしまいますが、比較的に短焦点の単焦点であれば、そんな問題もなく結構快適に使えます。例えば、50mmf1.4とか「はじめてレンズ」軍団なんか使いやすかったです。ツアイスのディスタゴン24mmf2も意外と良かったです(曽根原個人は所有してません)。



でもそうなると、ハタと気づくのが、どんどん登場する純正Eマウントレンズを買えば良いのではないかい?ということです。手振れ補正搭載のレンズもあるし。



ちなみにですが、同じ焦点距離のレンズなら、Aマウントレンズ+LA-EA1or2と、Eマウントレンズ、どちらが良い写り?かというと・・・



信じられんほど長くなってきたので、次回・・・







※あ、写真に猫がいる♪



※写真はクリックでちょこっと大きくなります。



※猫写真のブログ Photolog of NEKO-PHOTOもよろしくお願いします。



【 カメラ:SONY NEX-5 / LA-EA2 / SONY DT 30mm f2.8 MACRO SAM】









2012年1月9日月曜日

位相差AFできるアダプターですが・・・

440



去年の最後に購入した機材が、ソニーの LA-EA2 で、Eマウント機であるNEXを位相差AF可能なAマウント機へとヘーンシン!させてしまう夢のような純正マウントアダプター。現代によみがえる電気仕掛けのライカ・ビゾフレックスとまで言われていますが(※)。



SSMやSAMといったレンズ内モーターはもちろん、動力源がボディ側のシャフトドライブのレンズにまで対応しているのは本当にすごいことだと思います。ミノルタ時代のものでもソニーの新旧レンズでもドンとコイなので、AマウントレンズをもってててNEXも買ったよという人なら、これはもう買わなきゃソン!です。



が・・・



正直言って使いあぐねているのが現状です。なぜならば、それはレンズとボディとのバランスということもあり、一眼レフで描写がいいからNEXでも良い結果が得られるわけではないということもあり、この組み合わせでは手振れ補正がないということでもあり、今後登場してくるかもしれない新Eマウントレンズとの住み分けをどうするかという心配でもあり、などなど。



自分にとって今もっともホットで悩ましいことなので長くなってしまいそうで、詳しくは次回にしますです。



でもこのことは、ニコン1のマウントアダプター FT1 でもいえることだと思いますよ。







※言われていないかな・・・(笑)



※写真は銭洗い弁天ですが、お金は洗い忘れてきました。



※写真はクリックでちょこっと大きくなります。



※猫写真のブログ Photolog of NEKO-PHOTOもよろしくお願いします。



【 カメラ:SONY NEX-5 / LA-EA2 / SONY Vario-Sonnar T* 24-70mm f2.8 ZA SSM 】





2012年1月7日土曜日

キャプチャーワン(試用版)

439



近頃、フェーズワンのRAW現像ソフト「キャプチャーワン6」の試用版をインストールして遊んでいますが、これかなりイイですね。



フォルダーや画像の選択もスムースでストレスないし、表示スピードが素晴らしく速くて快適です。アレはできるけどコレは苦手っていうソフトが多い中では、かなり使える君ではないかな、と思います。



画像編集もかなり強力ですが、面白いのが「ICCプロファイル」で、これまでに発売された各メーカーのデジタルカメラ毎に設定されているのですが、これを実際に撮影したカメラ以外のものでも適用できること。



例えばですが、オリンパス PEN E-PM1で撮影した上の写真は普通なら「Olympus E-PM1ジェネリック」というのを適用すべきところ、「Leica M9 ジェネリック」というのを適用して見ました。なんか深みと渋みがあってえもいわれぬ高い格調を漂わしているような・・・ちなみにライカのジェネリックを使ってみたのは、手の届かぬ憧れ、単なる気まぐれです。



まあ、何にしても質感や階調の再現性ではその筋の方々から定評があるようで、実際、いい感じです。



ただ、カメラメーカーがそのカメラ毎に最適化した補正処理はなされません。歪曲収差や色収差なんかは手動で直してやらねばならず、解像感をあげる独自処理なんかも無効になります。補正前の画像をいきなり見るとショックを受けることもあるので注意したほうがいいかもしれません、です。はい。



このソフト以前からほしかったのですが、何しろ6万円くらいする高価なソフトなので手が出ません。フェーズワンのデジタルバックや、ライカのデジタルカメラを買えば標準添付されてきますが、そうはいってもデジタルバックやライカのお値段そのものが、あーた、ねぇ・・・



と思っていたら、こんな企画が!!!!!→(こんな企画







※写真はクリックでちょこっと大きくなります。



※猫写真のブログ Photolog of NEKO-PHOTOもよろしくお願いします。



【 カメラ:OLYMPUS E-PM1 / レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm f1.8 】











2012年1月6日金曜日

煩悩が残っていて

438



昨年の11月に購入したオリンパスのPEN E-PM1ですが、あまりに気に入っていつも持ち歩くようになっています。いつも持ち歩いているので、お仕事にもちょろちょろ参戦してもらう機会も多いです。



んが、



あまりにキュートな外見ですので、本気撮影をこれでしているとチョットなめられてしまうのが玉に瑕かも。そうは言ってもペン第三世代の画質は明らかにそれ以前より良いですので、第2世代以前機をお持ちの方は試して見る価値ありですよ。まじで。



マイクロフォーサーズ規格のプロ仕様カメラがでたらいいな~、いいな~、なんて思います。



それはそうと。もっか35mm相当の17mmf2.8と、90mm相当の45mmf1.8がいつものお供になっているのですが(あとパナの7-14mmf4も・・・)、やはり具合のいい標準ズームがほしいなあ、と思わないでもないです。無精者なので。



そうなると、あれです、今月末発売予定のED12-50mmf3.5-6.3EZ。なんでもえらく良い写りをするとか何とか・・・しかも倍率0.36倍。倍率0.36倍というと何だか数字に邪魔されて良くわからなくなりますが、4/3型センサーだと35ミリ判換算で2倍相当になるので、実質2/3マクロということになります(ああ、ややこしい)。一昔前はマクロといえば1/2倍が普通でしたので、これはもう立派なマクロレンズといえますね。



買おうかな・・・



正月早々物欲全開の話でゴメンナサイ。写真は道具で撮るものではありません、心で撮るものです。よ。







※説得力なくてゴメンナサイ




※写真はクリックでちょこっと大きくなります。



※猫写真のブログ Photolog of NEKO-PHOTOもよろしくお願いします。



【 カメラ:OLYMPUS E-PM1 / レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm f2.8 】









2012年1月5日木曜日

思いがけず夕日

437



このブログ、年明け一発目は朝日の写真にしようと思っていたのですが、図らずも夕日の写真になってしまいました。



明けましておめでとうとうございます。



三が日中は、なんの、かんの、でほとんど写真が撮れていませんでしたが、今日は差し迫った用事もなかったのでちょっと散歩に出かけました。ちょっと、のつもりが2、3時間歩いてしまい、いままで知らなかったご近所風景を知れたので得した気分です。こんな坂があって綺麗な夕日を拝めるとは、やっぱり正月はいいもんです。



今年はなにとぞよろしくお願いいたします!







※写真はクリックでちょこっと大きくなります。



※猫写真のブログ Photolog of NEKO-PHOTOもよろしくお願いします。











【 カメラ:OLYMPUS E-PM1 / レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm f2.8 】



2012年1月1日日曜日

来年もよろしくお願いいたします!

436



僕の住んでいるあたりでは、大晦日にふさわしい朗らかな日となった今日でした。ちょっと気分が良かったので、暇なとき恒例、近所の川に暮らす鳥さん撮影をしました。カモ・・・ですかね?



こちらの写真で2011年のこのブログの写真はおしまいです。



東京で写真やるのだ~、と遅ればせながらやって来て3回目の正月がもう直ぐです。今年は年頭からかつてないほどたくさんの方々との出会いに恵まれ、僕もびっくりするほどだっただけに、消化しきれずご迷惑をおかけした面もありました。でもいただいたご縁は引き続き大切にしていきます。来年、曽根原は燃え尽きるまで燃えまくります!



ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ



さて、



ブログは、相変わらず停滞することも多くて、これまたご迷惑おかけしたのでありますが、あろうことか今までより多くの方にご覧いただいてしかも増えております。ありがとうございます。見にいらしてガッカリなんてことのないように、来年はもっとがんばりますとも。



なかなか、気持ちが引き込まれてしまってここには書けませんでしたが、今年は本当につらいことが沢山ありました。周りの方々が頑張る姿に学べなければ、僕なぞは折れてしまってやってこれなかったと思います。



ありがとうございました。



来年もまたよろしくお願いします!







※写真はクリックでちょこっと大きくなります。



※猫写真のブログ Photolog of NEKO-PHOTOもよろしくお願いします。



【 カメラ:SONY NEX-5 / LA-EA2 / レンズ:♪ 】