2009年12月18日金曜日

月光のプリンタプロファイル



225_2



また猫になってしまったけれども、モノクロということでご容赦いただきたいです。



前回の「月光 グリーンラベル」、価格と質的には結構良いのではないかと思うが、プリントする際に個人的にちょっと困ったこともあった。



プリンタプロファイルの問題。



僕はプリンタプロファイルを作成する機械は持っていないし購入する気も今のところない。それで、用紙のメーカー(三菱製紙なのかピクトリコなのかは知らない)から支給される専用プロファイルを試してみたところ、モニターとまったく違う色になってしまった。やや温黒調で整えたつもりが結構な冷黒調になってしまった。そう、往年の月光のように・・・



それでは狙ったところとまったく違うプリントになってしまうので、結局エプソン支給の「写真用紙(グロッシー)」用のプロファイルを使い、まあまあモニターと一致するようになったのであるが・・・、ちょっと厄介である。



ちなみに「月光」用のプロファイルには温黒調や冷黒調などにするプロファイルが数種用意されているが、果たしてそれってモニタと印刷結果を統一させるプリンタプロファイルという用途を考えるとどうなのだろうか???



とまれ、わずかな色の調子でガラリとイメージが変わるモノクロ処理の難しさを再確認したのでありました。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 7D / レンズ:CANON EF 50mm f1.8 II 】



2009年12月16日水曜日

月光グリーンラベル

224



デジタルでモノクロということでプリントを考えてみる。目指すは銀塩のバライタプリントとみまごうプリント。千葉県に在住とはいへ新宿まで270円で行ける位置関係なのでプリント用紙の調達には事欠かない。しかし、インクジェット用紙も本格的なものになると銀円の印画紙を凌ぐ価格・・・経済面での調達では大変事欠いてしまうのが現実であったりする。



んで、話題(?)の「月光」のバライタ調のプリント用紙(グリーンラベル)を試してみた。結果、紙の重圧感や調子はナカナカ良いのであるが、手持ちの顔料系インクジェットプリンターでは紙の上にインクを置いたような感じは否めない。



バライタプリント最大の長所である、深い深度まで乳剤がしみこまれているが為にでる階調と奥深さは残念ながらない。



ならば新たに染料系のプリンターを購入してピクトランあたりのバライタ調用紙を買うのか・・・?? うー、非現実的だ。



ここに来て、考えがかわりデジタルのモノクロプリントをがんばる以上、デジタルの長所に銀塩の経験を踏まえたプリントを目指すということにあいなったのであった。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D MarkII / レンズ:Canon EF 24-70mm F2.8 L USM 】



2009年12月11日金曜日

写真展をやります!

223



猫好きな写真家4人が集まり、猫写真展(グループ展)を開催することになりました。
開催は2010年、5月25日(火)〜30日(日) 渋谷ルデコ5F



写真展のタイトル 『 「4色の猫」-猫と僕らと、そして写真と-



詳細は準備が整い次第おってお知らせさせていただきます!



・・・って、内容とエントリーの写真がぜんぜん違うぢゃん!ですが、これまで仲間内でいろいろ話し合いようやくいろいろが決まったところで、プリント方法なども考え中なのであります。



今回はプリント研究中の中の一枚ということで・・・モノクロもがんばりますよ!





こちらのブログでもご案内させていただきました。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D MarkII / レンズ:EF 16-35mm f2.8 L II USM 】





2009年12月9日水曜日

デジタルでモノクロプリント

222_2 



モノクロでデジタルプリントということを真面目にやってみようという気になった。なったところで、いくつか決め事、というか方向性を自分の中で設定したい。



・デジタルだからこそできる処理の利便性は如何なく受け入れる。



・現状所有する、もしくは必要となることが必然的に予想されるソフトや機材意外は使用しない。処理はフォトショップの機能の範囲内とする。



・プリントを最終形態とする。



・モノクロフィルム→バライタ印画紙でのプリント、によって得られるモノクロ写真の感じを目指す。



と、こんなところかな?あんまり時間もお金もないので矢継ぎ早で性急な探求はしまい・・・



それとは別件であるけど、35mmF2のフルサイズで撮影しました!やっぱ安心できる画角です!猫な写真であるところはご愛嬌(笑)



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 / レンズ:CANON EF 35mm f2】



2009年12月6日日曜日

EF 35mm F2

221



猫のほうのブログに専念していたら、1ヶ月ぶりの更新となってしまいました。これはイカンです、・・・が、ここのところ珍しくカメラやレンズへの物欲が停滞していたのも事実だったりする。もっとも、金銭的にカメラやレンズに他が届かないということもある(笑)



写真好きにとってややタブーなことではあるが、物への執着と写欲は相関関係にあるという事実・・・をチラリとのぞかせる事態である。情けない・・・



そんななか、以前からずっと欲しくてもイマイチ手が出せないでいた35mmF2のレンズを中古で購入。1万円台であった。



ずっとも以前にも書いたことがあるが、35mmの画角というのが僕にとっては一番安心できる広さであるし、F2というのが僕にとってはもっとも使いやすいF値である。



ご覧あれ!この35mmの安定感!と思っていたら間違えて7Dに装着して使っていた・・・、もうどうしようもなくヘタレである・・・



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 / レンズ:CANON EF 35mm f2】



2009年11月6日金曜日

待避

220



写真展の形にも、その土地や人の形にあった十色の方がある、と教えてくれたssezさんの写真展。



夜まで開催準備に追われる姿は美しくもかっこいい。



誤字であってもンなことは問題でない。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 / レンズ:CANON EF 16-35mm f2.8 L 2 USM】





2009年11月4日水曜日

新たなかたち

219



長野県の安曇野で開催されたスヤマサトルの猫写真展を見に行った。



スヤマ君は東京都在住で僕の友人のカメラマン。「見に行った」なんて偉そうに行ってはいるが、実は日にちを間違えて開催日前日に行ってしまった。それでもプレとして案内してもらい、展示の概要と作品を拝見することができたのであるが・・・恥ずかしい。



黒幕のテント内に展示するという通常の写真展とは異なる展示方法。それに合わせて作品の並べ方も一工夫、二工夫であった。「そうかこんな展示方法もありか・・・」と。



それにしても皆さんがんばって写真を模索しておられる。自分は・・・



ともあれ!スヤマさん、写真展開催おめでとうございました!



【カメラ:Canon EOS 5D Mark II / レンズ:CANON EF 16-35mm f2.8 L II USM 】



2009年10月28日水曜日

ありゃまこりゃま

218



ありゃま、こりゃま、でEOS7Dでも不具合が発表されてしまったようですね。1DmarkIII、5DmarkII、そして7D・・・。今回は結構強烈な不具合で、連射すると前の画像が薄く残ってしまうことがあるとのこと。心霊写真!?



最初、「そんなのしょうがないさ」くらいのノリで書こうと思っていたのであるが、こうも続くと・・・。ちょうど今日、盟友MARさんと「新製品のアラを探すような行為はみっともないよね」なんて笑い合っていたところではあるが・・・



ちょっと多いような・・・



まあ、キヤノンがいち早く発表して、ファームで対応するとのことなので、よし!



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 7D / レンズ:CANON EF 50mm f1.8 II 】



2009年10月27日火曜日

刹那の流れ

217_2



つい先ほど、駅からの帰り道に撮った写真。雨は小雨になっていたが公園には「川」ができていた。



E-P1は良いカメラだ。



(なんか湿っぽいなぁ)



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS PEN E-P1 / マウントアダプター:マイクロフォーサーズ→ライカM / レンズ:MINOLTA M-ROKKOR 40mm f2】



2009年10月26日月曜日

記念樹

216



そういえば、とハタと思ったのであるが、ブログでもHPでも僕のロゴマーク代わりに使っているこの写真、ここで載せたことがなかった。ちなみに名刺にもこの写真を使っている。



この写真を撮ったは5年程前だったか・・・その頃から身の回りにイロイロがありすぎて、イマイチ思い出せないし、特に調べてみる気もない。ただ、これがこのフィルムの最終ロットであったことだけは確かである。



その頃は個人的に撮る写真は全てモノクロで、フィルムをつめては現像タンクをガチャガチャやって暗室にこもる・・・そんなことを繰り返していたような気がする。すでにEOS 10Dを所有しEOS 20Dを予約購入していた、そんな頃でもあったような気がする。デジタル時代が大きな足音を踏み鳴らしてやってきていたのに、フィルム永遠を、モノクロ写真の可能性を信じていた、否、願望していた。



最終ロットのフィルム、最新のデジタルカメラ、崩れ行く願望、人にも自然にもいじめられてなお茂る桜の樹。今、写真は全てデジタルで撮っている僕にとっては記念碑的な写真だからロゴマーク代わりにしている。



ネイチャー写真家だから樹の写真なのではないです。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:MAMIYA C330 Professional / レンズ:MAMIYA SECOR D 80mm f2.8 / フィルム:コニカ 赤外750(あえて日本語で)】



2009年10月24日土曜日

Time is ...

215



今日はお仕事が突然のキャンセルになってしまった・・・



昨日の財布盗難事件でキャッシュカードも免許も失ってしまったので、都心の銀行窓口と自分の住む県の運転免許センターへ。



時間を有効に使ったのか、それとも余計な時間を使う羽目になってしまったのか、うむむ、よく分からん。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 / レンズ:CANON EF 16-35mm f2.8 L 2 USM】



2009年10月23日金曜日

試練

214



新宿なんかでうっかりウタタ寝してしまった自分が悪かったのは認めるが・・・



財布と名刺入をペチられて(盗むこと、「パクる」とも)しまった。盗難届けをだすのに一時間ほどお巡りさんといることになってしまった。



名刺入のみ紛失物として届けられた。警察署に一時間ほど刑事さんといて指紋を取ることになってしまった(協力者としてですよ!)。



何が悪い、僕が悪い、いや犯人が悪い、友人に迷惑をかけてしまいわるかった・・・、何が悪い、僕が悪い、いや犯人が悪い、友人に迷惑をかけてしまいわるかった・・・何が悪い、僕が悪い、いや犯人が悪い、友人に迷惑をかけてしまいわるかった・・・(←これを3分間くりかえす)



これは心に穢れをもつ私に神がおあたえになった試練に違いなひ・・・なーんて思うほど俺はノンキぢゃないぞ!財布かえせー!!



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 / レンズ:CANON EF 50mm f1.8 II 】



2009年10月20日火曜日

EF 16-35mm f2.8 L II USM

213_2



このごろ逆光の写真ばかり載せていたので、良い機会と・・・



キヤノンの超広角ズームの代表ともいえる(であろう)このレンズ、公私問わずよく使っているけれども、とてもよく気に入っている。折り悪く後を追うようにニコンの14-24mmが驚きのスペックと逆光性能で登場したこともあってなんだか地味な印象になってしまったような感もあるが(ボクだけそう感じているのかな?)、このレンズはもっともっと賞賛されてしかるべきではないかと思っていたりする(ボクだけそう思っているのかな?)。



実使用上の解像感とかなんちゃらは実に気持ちのいいレベルで仕上がっているし、ズーム域も実使用上とても使いやすいところにある。なにより感心しているのが、逆光時に大きく破綻しない程度の具合の良さでゴーストやフレアが入るので、柔らかさとシャープネスが同居した気持ちのいい写真が撮れる(ような気がする)。無理やり逆光を押さえ込むと妙にコントラストが高くて僕は好みでない。



ちなみに今日載せた写真はフォトショでいじってあるので参考になりません(笑)。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 / レンズ:CANON EF 16-35mm f2.8 L 2 USM】



2009年10月19日月曜日

ちょっと遠い散歩

212



東京、朝の散歩をしてみる。都会というのは朝が一番綺麗なのかもしれない。



などと思うのは、僕が田舎ものである証拠だろう(笑)



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark2 / レンズ:Canon EF 70-200mm F4 L IS USM 】



2009年10月16日金曜日

Canon EOS 7Dで散歩

211



今日はじめて引っ越し先で「朝の散歩」をしたのだった。



EOS 7D あのキヤノンが久しぶりに本気で真面目に出したAPS-Cなのだなあ、と思った。良いカメラである。



ぶっちゃけて言えば5D MarkIIの画のほうが、フルサイズという理由で好きなのであるが、このトータルバランスと便利機能が5D MarkIIにもあればなあ、なんて思ったりもする。いやいや云うまい(キッ!)。でもせめて電源スイッチの位置は統一してほしい・・・混乱するので・・・



そしてタムロンの90mmマクロは、100mmマクロの“L”がでたとて、やはり名球である(キッ!!)



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 7D / レンズ:Tamron SP Di 90mm f2.8 MACRO 】



2009年10月15日木曜日

昨日あった友人のお話

210



昨夜ある会合(?)があって写真の彼に会った。1年とちょっと前の撮影からのお付き合いであるが、最近本を出されたのでご紹介です。



「僕は、字が読めない。読字障害(ディスレクシア)と戦いつづけた南雲明彦(小菅宏氏・著/集英社インターナショナル)」



タイトルどおり字を読むことに著しく困難をともなう障害であるが、爽やかで見栄えの良い「普通」の好青年である。しかし20代半ばの彼は僕よりもはるかに人を良く知り「大人」である。



たまたま持っていたカメラでなく今度またきちんと撮影させてくださいね(お仕事で^^)ちなみにこの本の写真とSONEは関係がありません(笑)



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS PEN E-P1 / レンズ:OLYMPUS M. ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8】



2009年10月11日日曜日

ちょうちん

Img_0034



朝四時に起き出して長野県に向かう。駐車場に向かう途中に提灯発見。祭りの提灯のようであるが、なんだか恐怖写真になってしまった。



長野までの高速道路は渋滞、また渋滞・・・



そっか3連休だったのかぁ・・・



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 7D / レンズ:CANON EF 50mm f1.8 】



2009年10月10日土曜日

Canon EOS 7D

208



Canon EOS 7Dを導入した。千葉に移ってから最初の機材導入である。といっても1D Mark3を手放してのことなのでお金のほうを使うことはなかったのであった。



理由は、これはCanonを使っている人には意外に多いのでは?と思うのであるが、5D Mark2と併用していると、5D Mark2がメイン機で1D Mark3がサブ機のようなかたちになっていたので・・・。1D Mark3がサブ機???高くて重くてでかいカメラがサブ機では移動の時になんともつらいものである。加えてAPS-Hではフルサイズとの画角差が中途半端で僕の場合なんとも使いにくかった。



でも、5D Mark2は防滴構造ではないし、EOS二桁機では24-70mmを使うときアンバランスで手振れしやすいし・・・、なんて思っていたら7Dがでた。



Canon<上手いことやりますね。



んで、7Dですが、画質はもちろん良いですし(いまどき画質が及第を満たさないデジタルカメラって僕は知らない)背面液晶も頑張ってくれたし、質感も大きさもナイスである。



もっとも意外に嬉しかったのが、等倍ファインダーなので50mmレンズを装着したとき両眼で立体的に違和感なく被写体をみれることで、あの憧れのライカ M3のファインダーを覗くとこんな感じかしら?と悦に浸れることだったりした。そんなことかよ!と突っ込むなかれ、ささやかな喜びなのです。



ただ、金銭的勇気がなくってバッテリーグリップを購入できなかったのが悔やまれる!どうせすぐ必要になるのに・・・



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 7D / レンズ:CANON EF 16-35mm f2.8 L 2 USM】



2009年10月9日金曜日

台風一過

207



よほど酷い風雨に見舞われるかと思いきや・・・、風こそ台風のソレでモーレツであったものの、気持ちのよい青空が広がる太陽のまぶしい朝であった。



近くの小中学校は多く休校になっていたらしい。子供の頃は愛知県に住んでいたので、台風で授業が切り上げられたり、体が舞い上がりそうな強風をよく体験していたものである。山に囲まれた信州では珍しいことだったので、久しぶりにワクワクしたりした。



子供の頃といえば、「たいふういっか」は「台風一家」で、大小の台風が同時にやってくるものすごい状態のことかと思っていたものであるが、実は「台風一過」で今日のような嵐の後の快晴を言うのだと・・・最近になって知った。



恥ずかしいのでこれは秘密である。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS PEN E-P1 / レンズ:OLYMPUS M. ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8】



2009年10月8日木曜日

こと写真に至っては順調でないスベリだし

206



引っ越してきて・・・



思っより、いや、思いがけず、いや、やっぱりかといった感じでまったく暇がない。



文字通り右も左も分からない中で時間がないというのは、自分の思うがままの写真を撮るという行為に対して重大な障害があるように感じたりする。それでも取り戻そうと思ってカメラを持ち歩いてみるが・・・



過去10年間で最大級の台風が接近中!!



あはは、である。



写真は駅から戻る途中の風景であったりする。手振れ補正よ、ありがとう。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS PEN E-P1 / レンズ:OLYMPUS M. ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8】



2009年10月6日火曜日

転入

205



本日引越し先の市への転入を済ませて、一応のところ引越し完了と・・・?



長らく更新が途絶えてしまい大変な失礼をしてしまいましたが、新しい町、新しい空気、新しい光を自分の中に迎えて、新しい写真に載せていきます、いえ、載せていければなぁと思っています。



それにしても、今日雨の中撮った写真・・・、僕はいつからピントが合わせられなくなってしまったんだろう?昔は1/15秒のシャッター速度でここまでぶれてしまっただろうか??



写真の下手なSONEでした。今後ともよろしくお願いいたします。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 / レンズ:CANON EF 50mm f1.8 】



2009年10月2日金曜日

予定

204



ブログの休止で長らくご迷惑をおかけしております。



ようやく引越し先のネット環境が整いました!



これでバリバリというところですが・・・



明日より出張とあいなり(泣)再開は来週からとします。



今後ともよろしくいお願いいたします。



ちなみに写真は引越し先の近所であります。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS PEN E-P1 / マウントアダプター:マイクロフォーサーズ→ライカM / レンズ:MINOLTA M-ROKKOR 40mm f2】





2009年9月2日水曜日

お詫び

203_2



ご無沙汰してしまい申し訳ありません。



現在 個人的な事情により長野県より関東地方への引越しのさいちゅうで、ネット環境が整っておりません。更新がままならない状態でありますが、環境が整い次第、ご報告を兼ねまして更新を進めていく予定です。



マイクロフォーサーズとロッコールにつきましても、落ち着いてから再開する予定です。



まことに勝手ではありますが、今後ともよろしくお願いいたします。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS PEN E-P1 / レンズ:OLYMPUS M. ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8】



2009年8月6日木曜日

マイクロフォーサーズとロッコール(その3)

202



※本題の前に・・・リアルな私事ですが、現在住居の移転活動中であり加えてお盆前後のお仕事集中状態で(ありがたいことです)、なかなか更新とコメントのお返しがしにくい状況であります。気持ちとしてはこのシリーズどんどん進めていきたいのですが進捗は滞りがちになること必須です。申し訳ありませんが長いスパンで見ていただけましたら幸いに存じます。



さて、そんなこんなでミノルタのカメラとそのレンズブランド名であるロッコールにすっかり心酔してしまった僕であった。なんだかタイトルに反してなかなかマイクロフォーサーズとの融合にまでたどり着けないでいるが、自分にとって大切なことなので仕方がない。



世の中には自分という個人にとって「合う、合わない」という事象が存在し、その意味で僕のような偏屈に「合う」カメラ・レンズを造るミノルタというメーカーは、大企業としてはその時点で大きな市場から逸する宿命であったとしか言いようがなかったといえると今は思う。本当に良いメーカーだった・・・



なにをもって良いメーカーかというと、それにはレンズとボディなどの性能や大きさ、価格といった複合的な要素で判断されるのが本道であるが、まずはレンズサイドから僕を含め往年の(?)ロッコールファンが口を揃えていうところは、



・ボケが綺麗
・シャープでありながら写りが柔らかい
・カラーバランスが素直で落ち着いている
・上記の総合として自然な描写をする



といったところだと思う。発色が派手なわけでも、コントラストが高い訳でも、素晴らしく解像力が高い(ように見える)訳でもない。自然な描写に優しさを感じ取ったということだろうか?こうした好意的な意見は実はミノルタの設計陣もしかっり認知していたところで、設計に際してはそうした数値で言い表すことのできない部分にまで思慮していたというから驚く。こうしたことは世にあるその手のムック本を読めば書いてあることであったりもする。



ただ、そうした評価が絶対的にミノルタのレンズに全てに当てはまるかといえば、決してそうではなく、例えば高級コンパクトカメラであるTC-1に搭載され、後にLマウントレンズとして限定ではあるが単体で販売された「G-ROKKOR 28mm f3.5」などは結構なハイコントラストの硬い描写で、お世辞にも柔らかな写りとは言えなかった。



しかしながら、ヒトが何かを好きになってしまった時の肯定力というのは凄いもので、アバタもエクボの例えのように、千代田光学時代から「O」に横線が何本か入った新しいロゴ(現行のロゴ)のミノルタ時代のものまで、ミノルタのすることは何でもかんでも許容してしまうから不思議なものである。それでも、チヨコーからアルファまでイロイロ様々なレンズを試すうちに(ほとんどが借り物であったが)、概ね自分の好みのラインが定まってくるものである。



具体的には80年代に設計された、ROKKOR名称の際立たない焦点域レンズ・・・、と、その話は次回。



予断であるが、僕がミノルタ好きになった時は、すでに「αショック」も過去の話のオートフォーカス全盛時代であり、ROKKOR名称のレンズはマニュアルレンズも含めて現行のものではなかった。なおかつ、中古市場も(今ほどではないものの)人気がなく、それらのレンズは「信じられないくらい安かった!」ことを付記しておく。



※おちゃらけなしでごめんなさい。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS PEN E-P1 / マウントアダプター:マイクロフォーサーズ→ライカM / レンズ:MINOLTA M-ROKKOR 40mm f2】



2009年7月30日木曜日

マイクロフォーサーズとロッコール(その2)

201



さて、前回は計らずも(え?)「さよなら僕のミノルタ・ロッコール編」になってしまったのだが、これから続くながい話(えー!?)の前に、今回は「僕とミノルタ・ロッコール、その出会い編」と、漱石さんの「こころ」のようなタイトルで話を繋げるべきだと思う・・・





○僕とミノルタ・ロッコール、その出会い編



僕が写真を本気ではじめて最初に手に入れたカメラはニコンのFEというカメラだった。レンズはお金が無くて買えなかった覚えがある。当時はフィルム時代でFEといえども、今のコンデジのそこそこのクラスの新品より高かったのだ。しかしながら、まあ、めでたくというか運悪くというか写真にはまってしまい、ボディはフラッグシップ機であるニコンのF3を追加し、レンズも何本か意味もなく増やしていくという「それっぽい」過程を踏んでいたものである。



世界のニコン!ニコンで撮る写真は世界一!と、根拠などまったくなく無邪気に信じていた、ある意味幸せだったときといえよう。その後、今へと続く写真の泥沼人生など知る由もない。



それで、まあ、ニコンで「人に自慢できる写真をイカに撮るか」に専念していたある日、友人からあるカメラをレンズ付でもらうという出来事があった。それが「ミノルタX-700+MDロッコール35mmf2.8+レンズにカビ」であり、僕とミノルタ・ロッコールとのファーストコンタクトであった。ただ、もらえるものはもらったものの、はっきり言って僕はそれを低級なカメラ、ニコンに及ばないマイナーメーカーのカメラ、と、今思えば恥ずかしい限りの感覚で意識していたように思う。なぜならそれは「世界のニコン」でなく、なんだかナヨナヨとしたデザインのイマイチな代物だったから・・・



それでもタダでもらったものだからと、壊しても良いやくらいの考えで使い始めたのである、が、その後に不思議なことが起こる。



そのカメラで撮ったフォルムを現像しプリントし、翌日は自慢のニコンで出かけるはずが、



なぜか、翌日もニコンでなく・・・



なぜか、そのまた翌日もミノルタを持ち出し・・・



いったいどういうわけか自分でも分からないまま信頼するニコンの、高い金を出して買ったニコンの出番は激減していたのだった。



ついにはどうしてそうなっちゃうのか、考えてみるに至った。「カメラを持った感覚が、シャッターを押したときの感覚が、きもちいー」、「出来上がった写真が線が細くて柔らかく、きもちいー」。



自分が酔っ払っていないことを確認して、それが錯覚ではないことを認めた・・・(つづく)



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS PEN E-P1 / マウントアダプター:マイクロフォーサーズ→ライカM / レンズ:MINOLTA M-ROKKOR 40mm f2】



2009年7月29日水曜日

マイクロフォーサーズとロッコール(その1)

200_2



かなり久しぶりに語るとことであるが、SONEはミノルタというカメラメーカーのファンである、いや、正確には「だった」といったほうが適切だろうと思う。さらに細かい話をすれば、1番好きなメーカーがミノルタで2番目に好きなメーカーがコニカであった。ご存知のとおりこの2社は2003年に経営統合し、大好きな2社がどんな素敵なカメラやレンズを一緒に作っていくのかと、期待に胸膨らませその動向を固唾を呑んで見守っていたのである。



ところが、である。その後の結果はこれまたご存知のとおり、いくつかの組織再編の中で発表されたカメラは経営を盛り返すにはいたらず、開発発表をしたレンズも「いったいどーなったんだろー?」といった感じでなし崩し的に幻と帰し、文字通り鳴かず飛ばずのまま2006年3月31日をもって同社はカメラ事業から完全に撤退し、一眼レフ事業はソニーへと引き継がれた。



好きなメーカーの1番と2番が同時に消える(この場合カメラ事業からの撤退は写真好きにとって「消滅」を意味する)というこの事態、どれほどの喪失感を味わったかお分かりいただけるだろうか?



写真が「またもや」猫さんで申し訳ないところであるが、以前少しだけ記事でいまでも「ロッコール」での検索が多いこともあって、



「マイクロフォーサーズがロッコールを甦らせた歴史的記念」と



「このブログでの画像アップ200枚目記念」を合わせ、



何回かに分けてこのネタでいってみようと思う、のでした。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS PEN E-P1 / マウントアダプター:マイクロフォーサーズ→ライカM / レンズ:MINOLTA M-ROKKOR 40mm f2】



2009年7月13日月曜日

晴れたのに・・・

198



コメントをいただいたルリビタキさんが “Silver Efex Pro”(フォトショプラグイン)を使っていらっしゃるとのことなので拝見したら・・・なかなかよさそう。実は以前に興味を持ったことがあるのであるが、価格とフォトショのバージョンと64bit対応の不安があったので、手をださなかったことがある。でも、改めてみてみるとよさそう。そのうち・・・



※ルリビタキさん、勝手に本文中で紹介させていただきましたが、申し訳ございません。



さてさて、今日はせっかく晴れたのに、仕事が終わってみたらもう日暮れでござんした。でもそんな合間にでもパシャパシャ撮れるカメラがあるのはとても良い。



なんてところですが、明日からしばらく出張になってしまうので更新が滞る可能性大です。またまた、ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS PEN E-P1 / レンズ:OLYMPUS M. ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8】



2009年7月12日日曜日

Back again...

197



ラフモノクローム(改)が良くて気に入ってしまっている。ので、今日もやってみました!



-これは猫ぢゃないのか?-



(ぎく)・・・はい・・・でも、こういった写真は猫写真のほうには載せにくいし理解されにくいかなぁー、なんて・・・



-あんた、ここではもう猫は載せないようなこと言ってたぢゃないか-



・・・ごめんなさい。



※写真はクリックで大きくなります、ごめんなさい。



【カメラ:OLYMPUS PEN E-P1 / レンズ:OLYMPUS M. ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8】です、ごめんなさい。



2009年7月11日土曜日

使える「ラフモノクローム」

196



アートフィルターというのを始めて適用してみたら、「ラフモノクローム」というのがとてもいい!どのようにして作り出すのか分からないけど、粒状感と不自然でないシャープネスが素晴らしい。



でもそのままでは、昔々の Try X みたいにシャドーが沈み込んでハイライトがぶっ飛んで結果的に超ハイコントラストになってしまい(もちろんオリとしては意図してのことであろうが)、僕にはちょっと痛い。



んで、現像時にあーしてこーして、フォトショでそんなしてこんなすると・・・



ああ、好み(←恍惚)。当分これでデジタルモノクロームいってみよう!



7月6日の記事「E-P1 No.003」の写真も差し替えましたです。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS PEN E-P1 / レンズ:OLYMPUS M. ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8】



2009年7月10日金曜日

今日も世界はまがる

195



思いがけず、今日も歪曲関連になる。昨日Silky PixのRAW現像がE-P1に対応したというのでさっそくインストール(体験版)してみたらば・・・



見事なヒンマガリ!設定のせいかも知れないけど、自動的に補正してくれるわけではなさそうである。あはははは



※上の写真は一応「手動補正」しております。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS PEN E-P1 / レンズ:OLYMPUS M. ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8】



2009年7月9日木曜日

E-P1 No.005 (LAST)

191



(つづき)※今日は文章読まないほうがいいですよ!



・・・それで、なにが言いたいのかというと、内部処理される歪曲収差の補正のことであったりする。



歪曲収差を補正する機能があるのだからレンズ自身は結構な歪曲収差を残していることになる。それでレンズとボディの通信を解除する「例の」方法で試し撮りしたところ・・・見事に世界が曲がっていた。「魚眼レンズになれなかったレンズ」、そんな感じだった。



小型化のための策、と単純にとらえることもできるけれど、歪曲収差と非点収差やコマ収差などの他収差の補正はトレードオフの関係にあるという。それなら歪曲収差に対してはデジタル処理にまかせてある程度目をつむり、その他収差の補正に努めたと想像できないでもない。魚眼レンズの描写をみるとどのメーカーでも綺麗なのは無理な歪曲の補正をしなくていいからなのでは?と思っていたので、あながち的外れでもないような気もする。



結果、そこそこの価格なのにそこそこ良い写りをするレンズを薄く小さくすることができた・・・



なんて考えていたら頭が痛くなってきた・・・とにもかくにも、デジタル専用のシステムだからこそできるワザなんだろうな。



以上、僕の一人勝手な想像でした。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS PEN E-P1 / レンズ:OLYMPUS M. ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8】



2009年7月8日水曜日

E-P1 No.004

194



デジタル専用設計として誕生したE-systemであるが、設計思想自体が熟成してきた感じを受ける。



デジタルで写真を撮る以上、デジタルならではの長所を最大限利用すべきであるし、カメラやレンズの設計そのものが遠慮なくそうであって欲しいと思う。



七夕の日だというのに何をごちゃごちゃ、といったところであるが・・・



あ、今日は七夕かぁ・・・(つづく)



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS PEN E-P1 / レンズ:OLYMPUS M. ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8】



2009年7月6日月曜日

E-P1 No.003

193



今日は本格的に雨・・・、いや、多くは語るまい!



でもちょっとぐらいスカッと晴れてくれても・・・、いや、やさぐれた思考はすまい!



実は一昨日“ピー”から日本海に放たれた7発のミサイルの影響なんてこと・・・、いや、馬鹿なことは考えまい!



※写真はクリックで大きくなります。



※7月10日 画像を差し替えました。



【カメラ:OLYMPUS PEN E-P1 / レンズ:OLYMPUS M. ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8】



2009年7月5日日曜日

E-P1 No.002

192



私事で恐縮。ここ数日、少し忙しくて自分写真を撮りにどこかにでる時間がない。



でも、その代わりにいつもは気づかなかった身の回りの小さなことに目をとめることができて、ちょっといい。



※写真はクリックで大きくなります。



※7月5日(21:48)写真をさしかえました。



【カメラ:OLYMPUS PEN E-P1 / レンズ:OLYMPUS M. ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8】



2009年7月4日土曜日

E-P1

190



確かに「7月中旬以降」であることを確認してのことだったが・・・おかしい、良いのか悪いのか?



ちなみに、白です!(これじゃ何のことだか訳が分からないが、まあ分かる人は直ぐ分かるかと)



感想?なんだかんだ言われていますが、そんな意見がバカらしくなるほど良いですよ!



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS PEN E-P1 / レンズ:OLYMPUS M. ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8】



2009年7月3日金曜日

ぐずぐず

189



ハッキリしない天気が続く。



天気さん天気さん。早く梅雨を明けさせないとこんな写真でお茶を濁し続けることになってしまいます。



それはそうと、早いとここのブログのカテゴリーも整理しなければ・・・



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 / レンズ:Canon EF 70-200mm F4 L IS USM】



2009年7月2日木曜日

それは梅雨のせいで

188_3



このブログから猫は去った・・・去ったのはいいけど、あまりにも猫頻度が高かったので今更どんな写真を載せていけばいいのか少し悩んでしまったりする。



梅雨なので、今日も雨なので、気分だけでも爽やかにしたいところだけど・・・、やっぱり密閉型行き所のない写真が撮れてしまうのは、、、やはり梅雨のせいにしておこ。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 / レンズ:CANON EF 50mm f1.8 】







2009年6月30日火曜日

新サイト・新ブログのお知らせ

187_2



以前から告知させていただいていた猫写真専門の新サイトと新ブログ、本日正式に立ち上げましたので、この場をかりてお知らせさせていただきます!



新サイト: NEKO-PHOTO.com



新ブログ: Photolog of NEKO-PHOTO



それにしても、なんだ・・・、新しいほうのブログでも書いたことであるが、ネーミングに進歩がまったくないな・・・



まあそれはそれとして、そのような訳でこちらのブログで猫写真を載せることはあまりなくなるはずである。なにしろ猫写真のブログを作ってしまったのだから猫にかけてきた写真エネルギーは新しいほうに分配されてしかるべきである。



が、言い換えればこれまで猫写真を載せるべくこちらに課せられていた制約(?)から解放された、とも捉えることができるので、こちらはさらに自由に楽しくイロイロを書いて、アレヤコレヤの写真を載せていく予定である。



加えて、こちらのメインホームページである “SONE-PHOTO” も含めて、新しいほうと整合性を持たせるために、オイオイ 否 チカヂカの内にリニューアルの予定である。



そのような訳で(もしももしも、そのようなご奇特な方がいらっしゃれば)乞う!ご期待!!



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS E-3 / レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4.0 】



2009年6月28日日曜日

うぉちば

186



今日始めて展示されている実機を触ってみた。予想通り良い感じ。



やっぱり白かなぁ~(E-P1の話)。



あ、シャッター押すの忘れてた・・・



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ;OLYMPUS E-3 / レンズ:Leica(Panasonic) D SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.】



2009年6月26日金曜日

告知です(その2)

199



先日お知らせさせていただいた猫の新サイト&新ブログ、現在90%ほど完成しておりますので、来週あたりにはここで正式にお知らせできると思います。でも「どんな方向性」でやっていくか詳細が詰めれずにいる上、ここ数日とあと数日、ちょと時間をとりにくい感じだったりして・・・



思えば、



現在のメインサイト(SONE-PHOTO)とこのブログを立ち上げたときは、ウエブ界の成り立ちや、法則や、方向性や、その効果、などなど全然知らない状態で立ち上げて今日まで来てしまったりしているものである。それで(決してものすごく多いわけではないが)自分の予想に反する形で色々な多くの方々に訪問してもらっているのだからありがたい、です。



新しい方は、落ち着いて安定したサイトにしたいな、なんて考えつつ・・・



新しい方を立ち上げた後は、こちらもそちらと整合性を持たせるために、リニューアルする予定ですので、またよろしくお願いします。



感謝の意も込めまして、ご報告でした。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 1D Mark 3 / レンズ:Canon EF 70-200mm F4 L IS USM】



2009年6月23日火曜日

メガ・ロスト

186



連続でキヤノンの50mmf1.8IIの写真を載せているけど、やはりというかなんというか・・・まったくそのことへの反響も検索もないですね(笑)。世は、オリのペンE-P1の話題一色(ペンタックスのK-7もあるが)なのだから当然といえば、そりゃそうか。



僕の場合、はい、去年マイクロフォーサーズ規格が発表され、E-P1のモックが発表されしたときから常に注目していたのであるけれども、いざ発表されるとブログでは書くに書けない悩みに襲われており、心境の詳細を書くのは控えていたものである。



しかし、まさか、この時期に発表するなんて・・・



あちこちで、やれ内臓ストロボがないとか、やれEVFがないとか意見が飛び交っているようですが、問題はそんなことぢゃあないです。いや、僕も絶対欲しいですよE-P1。でも・・・



・・・かっこいいのは、シルバーかぁ、ホワイトかぁ・・・!?ああ~決めかねるぅ、悩ましー!!(←そこかよ!)



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 / レンズ:CANON EF 50mm f1.8 】



2009年6月22日月曜日

それにつけても

184



この50mm、あの価格だというのに良く写る!そして50mmの画角はやっぱり素敵!それにつけても、E-P1の欲しさよ。



以前に告知させていただいたサイトとブログ、もう直ぐここで正式にお知らせさせていただきます。それにつけても、E-P1の欲しさよ。



翌日の撮影にむけてパッキングをしてしまうと、自分撮影のためのカメラがないことに気付く今日この頃。それにつけても、E-P1の欲しさよ。



嗚呼、ヨクボーが抑え切れん!なんだこのブログ・・・



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 / レンズ:CANON EF 50mm f1.8 】



2009年6月20日土曜日

新たにレンズを購入

183



オリのマイクロフォーサーズの発表に世が沸く中、それを尻目に今年初めてのレンズを購入しました。



キヤノンのEF 50mm F1.8 II です。EF50mm F1.4 USMにどうしても納得がいかなくて、標準レンズを持っていないという大空位時代をしばらく続けていたのですが、ようやく買いました。もちろん I 型も検討はしましたが、「安くてよく写る」、「こんなに安いレンズでこんなにいい写真!?(を撮りたいという希望)」がこのレンズの存在価値なので・・・「ジーッ」とかいいますが。



8,900円也。久しぶりにレンズを買ってワクワクしました。



え?EF50mm F1.2L USM ?? 問題外です!



え?ペン EP-1?? ・・・すごく欲しい~~~!!



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 / レンズ:CANON EF 50mm f1.8 】



2009年6月17日水曜日

Magic Hour with Rainbow

182



今日の天気、晴れのち曇って雨が降ったと思ったら止んだかと思いきやまた雨が降って一時的には雷もなっておヘソを隠してみたりしたでしょう(←予報???)



梅雨と呼ぶにふさわしい「嫌な」天気であったけれども、日没寸前には奇跡的な空色の演出があった。



そして、崩れることのない見事な虹が消えそうな空に。



などという、情緒的な文章はこのブログに似合わないので、擱筆!



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 / レンズ:CANON EF 16-35mm f2.8 L 2 USM】



2009年6月16日火曜日

(唐突ですが)告知です

181_2



このブログphotolog of SONE-PHOTOを立ち上げて早いくとせ(一年とちょっと)・・・



最近見返して思うに、このブログの特徴は



1.何が言いたいのかよく分からん



2.何を見せたいのかよく分からん



3.何が目的なのかよく分からん



といったところ。これじゃイカン!これじゃダメだ!と感じていたところに某MARさんの助言もいただきましたので、



猫写真専門のブログ&猫写真専門のホームページを立ち上げることに決定!



現在遅々進行中!!乞うご期待!!!



なんて、期待してくれる方もそうはいないか。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS E-3 / レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD】



2009年6月13日土曜日

デミ・ロスト

180_2



うーん、迷う迷う迷う迷う・・・



写真のこと?機材のこと?人生のこと?今日の夕飯?



まあ、写真のことかなぁ。これは近いうちにご報告をしなければ、です。



あー、さまようさまよう・・・



あ!写真は世田谷区のとある町で発見したネコという生き物の写真です。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 / レンズ:CANON EF 16-35mm f2.8 L 2 USM】



2009年6月9日火曜日

リンクのお知らせ

179_2 



長らくブログを休んでおりましたが、ありがたいことに、その間にもリンクがさせていただいた方々がおりますので、遅ればせながらお知らせということで・・・



dawg log dawgentさんの運営するブログ。ライカつながり(僕自身はライカに思いっきりはまることは経済的にも時間的にも流れ的にも出来ないのですが・・・泣)で当ブログに相互リンクを希望していただきました。本物志向満点!素敵な写真を撮られているようで頭が下がります。ジャンル的にはストリートスナップになるかもしれません。是非ご覧ください。



またタビ日記 原田佐登美さんの運営するブログ。原田さんは猫写真家で漫画家さんです。すげ~です。雑誌「NEKO」や「猫びより」でご活躍中!猫びより様では僕と同じ担当編集者様でお世話になっております。旅と猫を独自の視点で書き綴る姿勢はとても素敵で、やっぱり頭が下がります。



ねこきこう 早川敦子さんの運営するブログ。早川さんは東海地方在住のタレントさんで気象予報士さんです。なのでそのお顔を見られた方も多いのでは??ご自分の写真に対して奥ゆかしく謙遜されるのですが、正直とても良い写真を撮られていて、僕の頭はもう上げることが出来ません。うれしいことに写真意外でも不思議なご縁の多い方です。



私のつたないブログへのリンクではありますが、お三方、今後とも良しなにお願いいたします!



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 / レンズ:CANON TS-E 90mm】



ズンズン向かってくる

178_2



うちの猫のビビは、飼主(僕)を見つけるとズンズン向かってくるので、ピントがあわせられない。



なんかいい方法はないものでしょうか。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 / レンズ:CANON EF 24-70mm f2.8 L USM】



2009年6月6日土曜日

写真の精

177



突如として・・・、これまで自分が撮ってきた写真のあり方みたいなものに疑問を感じて嫌気がさすこと、ってありませんか?



そんなときは“写真の精”が私にささやく、



「あまり考えすぎないで、心に感じたままに」



そんなこといったって、オメーよぉ・・・



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 / レンズ:CANON EF 24-70mm f2.8 L USM】



2009年6月5日金曜日

毎日いい写真が撮れたら幸せなことだろうに・・・



176



そして去り行く・・・



って昨日の写真と同じ日で同じ場所のものです。早くもねた切れ?



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 / レンズ:CANON EF 24-70mm f2.8 L USM】