2008年12月26日金曜日

あと数日

164



写真 僕の住む町で評判、お洒落で生パスタの美味しい店、の「壁」。



今年はいろんなことが沢山あった、アンナ事やソンナ事。大きすぎてこなし切れなかったかもしれない。



今年はいろいろな出会いがあった、アンナ方やソンナ方。僕ごときでは目がつぶれてしまうような眩い方たち。



今日 一緒に食事をさせていただいた方が言った「起こった出来事は全部、これから必要なことだから起こったんだよ」。はい。来年はもっと地に足をつけて動くようにしなければ。



と、まだ来年まで数日ある。まだ幾つか何かありそうなので油断しないようにしよう。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS E-420 / レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL 25mm f2.8】



2008年12月15日月曜日

奇遇・偶然 そしてボケ

163



友人がライブハウスで演奏するというので東京へ出ていたこの週末。半ば強引にssezさんを誘い出し、かなり強引にカメラを渡し(ホント「偶然」2台のカメラを持ってきていたので、ので、ので)、友人の晴れ舞台を記念に撮影していただいた。



僕の撮ったのとあわせて213カット、カメラを手にしたssezさんの目は光っていた(・・・記念撮影?)。



その後、お決まりで飲み屋へ。



僕はその前日長野市で取材があったけれども、ssezさんも同じく長野市で取材だったという。奇遇!黒いレガシーで有料駐車場を利用したというが、僕も白いレガシーで有料駐車場に車を止めて撮影していた。いやー偶然!「ぱてぃお大門」というところで撮影していたというが、僕も同じ名前のところで撮影していた。いや~取材先の名前まで同じ!



って、気づけよ、どっちも・・・



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 /マウントアダプター:キヤノン→ライカR / レンズ:LEICA SUMMICRON-R 35mm f2】



2008年12月10日水曜日

少し慣れてきたかな?

162



考えてみれば、このレンズを純然たる超広角ズームとして使ったのは始めてかもしれない。



5Dでも素晴らしかった画質は、Mark2ではスーパーサイヤ人になってしまった。



このカメラでこんなにスーパーなら、1Ds Mark3 や D3X はいったいどんな世界なんだろうか?まあ、知らないほうがいいか。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 / レンズ:CANON EF 16-35mm f2.8 L 2 USM】



2008年12月9日火曜日

雑感

161_2



5D mk2が来てから1週間と2日、やっとこさノンビリと持ち出すことができた。といっても前回の写真と同じ場所である「とある牧場」である。この牧場のご子息も写真好きなのであるけれども、僕のカメラをみるなり「○ヤノンってメーカーがすきになれないんだよなぁ」って言われてしまった。言いたいことは分かる、分かるのであるが・・・そーいうこと持ってる人の前でいうなよぉ・・・



すでにアチラコチラで言われていることではあるが、5Dmk2の画作りは「こってり系」、だと思う、まず間違いなくそうだと思う。これまでのキヤノンDSLRで使っていたピクチャースタイルのどれを使っても、DPPで現像しようが、フォトショップCS4(体験版)で現像しようが確かに「こってり」しておる。どの機種でも同じ傾向の画になるように、ということがピクチャースタイルの前提だったと思っていたが・・・。まあ、そのうち慣れるでしょう。



sRAW1 &2 !! これもすでにアチラコチアで言われていることであるが、非常に有効ですね。2,100万画素を必要としないときにメモリを圧迫しないで済むのはもちろん、高感度時にただでさえ少ないノイズがより緩和される。すでに使ってみたけれどこれはいい。sRAW1なら小さいとはいへえ、普通に必要十分な1,000万画素が確保されているわけで、この高画素機の中には「フルサイズ 1200万画素  高画質 高感度耐性で評判の高い某社のカメラ」が内包されているわけか~、と感心しきり・・・って、そーいうこというなよぉ・・・



見てくれのアレとは裏腹にビックリなデータを吐き出す、かなりお得なカメラかな。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 / レンズ:CANON EF 16-35mm f2.8 L 2 USM】



2008年12月8日月曜日

惰性

160



50mmはつづく・・・



というか同じ日に同じレンズで撮ったものなので同じような写真なのである。



明日は・・・明日は自分の写真を撮るぞい!



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 /マウントアダプター:キヤノン→ライカR / レンズ:LEICA SUMMICRON-R 50mm f2】



2008年12月6日土曜日

「普通の」 ・・・



159_2



写真をまじめに(?)始めたころは ニコン FE に 50mm f1.4 をつけて目に付くものは何でもかんでも撮っていた。露出とかよくわかっていなかったけれども、とりあえず、その画角で開放絞りでとると「本物っぽい」写真になったような気がしたのであるが・・・



時は移って、いま。僕も普通に「それってフルサイズ対応なの?」なんていっている。世間様も同じだし、カタログでも「フルサイズ対応の~」と当たり前のように表記されている。5年も前に「フルサイズ」なんていったら、ナンノコッチャであろう。35mmフォーマットは「普通のフィルム(フォーマット)」、いやむしろ「小さなフィルム」だったなぁ。いつの間にかフルサイズは「特別で高価なフォーマット」で「大きなセンサーサイズ」になってしまった。



久しぶりにフルサイズ・・・いやいや、「普通の」フォーマットのカメラをつかったら、50mmの画角がとても新鮮で、なんだか本物っぽいデータが得られているような気がする今日この頃であったりする。



AFでEFマウントの50mmほしいな・・・



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 /マウントアダプター:キヤノン→ライカR / レンズ:LEICA SUMMICRON-R 50mm f2】



2008年12月5日金曜日

進化

158



50mmは50mmの画角で写る、すると、周辺の画像の乱れや光量落ちもそのまま写る。そもそも開放ではイマイチしゃっきりしない昔のレンズである。なんかいーじゃん!ふけ~!



錯覚かもしれないけど、645の中判でプロビアで撮ったかのような・・・錯覚か。でもこれほどのデータ量をもった写真が35mmシステムで、なおかつ高感度で、さらには大口径レンズで撮れちゃったりするのだから写真環境は凄まじく進化しているなぁ、と思う。



それにしても、色の調整って、ふと気づくと随分楽になったような気がしませんか?デジカメの処理が向上したのか、レタッチ&現像ソフトが高度になったのか、使用者が慣れてきたのか?たぶん全部でしょう。



いろいろなものが頑張って進化しているなぁ。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 /マウントアダプター:キヤノン→ライカR / レンズ:LEICA SUMMICRON-R 50mm f2】



2008年12月2日火曜日

5D Mark2

157



久しぶりのブログ更新、というよりはしばらく更新するのは控えていたのでした。同時に二つのことはできない僕です。



そして 5D Mark2 うむ~むむ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



↑もちろん感心しているほうの感嘆詞



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 /マウントアダプター:キヤノン→ライカR / レンズ:LEICA SUMMICRON-R 50mm f2】