2008年12月26日金曜日

あと数日

164



写真 僕の住む町で評判、お洒落で生パスタの美味しい店、の「壁」。



今年はいろんなことが沢山あった、アンナ事やソンナ事。大きすぎてこなし切れなかったかもしれない。



今年はいろいろな出会いがあった、アンナ方やソンナ方。僕ごときでは目がつぶれてしまうような眩い方たち。



今日 一緒に食事をさせていただいた方が言った「起こった出来事は全部、これから必要なことだから起こったんだよ」。はい。来年はもっと地に足をつけて動くようにしなければ。



と、まだ来年まで数日ある。まだ幾つか何かありそうなので油断しないようにしよう。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS E-420 / レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL 25mm f2.8】



2008年12月15日月曜日

奇遇・偶然 そしてボケ

163



友人がライブハウスで演奏するというので東京へ出ていたこの週末。半ば強引にssezさんを誘い出し、かなり強引にカメラを渡し(ホント「偶然」2台のカメラを持ってきていたので、ので、ので)、友人の晴れ舞台を記念に撮影していただいた。



僕の撮ったのとあわせて213カット、カメラを手にしたssezさんの目は光っていた(・・・記念撮影?)。



その後、お決まりで飲み屋へ。



僕はその前日長野市で取材があったけれども、ssezさんも同じく長野市で取材だったという。奇遇!黒いレガシーで有料駐車場を利用したというが、僕も白いレガシーで有料駐車場に車を止めて撮影していた。いやー偶然!「ぱてぃお大門」というところで撮影していたというが、僕も同じ名前のところで撮影していた。いや~取材先の名前まで同じ!



って、気づけよ、どっちも・・・



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 /マウントアダプター:キヤノン→ライカR / レンズ:LEICA SUMMICRON-R 35mm f2】



2008年12月10日水曜日

少し慣れてきたかな?

162



考えてみれば、このレンズを純然たる超広角ズームとして使ったのは始めてかもしれない。



5Dでも素晴らしかった画質は、Mark2ではスーパーサイヤ人になってしまった。



このカメラでこんなにスーパーなら、1Ds Mark3 や D3X はいったいどんな世界なんだろうか?まあ、知らないほうがいいか。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 / レンズ:CANON EF 16-35mm f2.8 L 2 USM】



2008年12月9日火曜日

雑感

161_2



5D mk2が来てから1週間と2日、やっとこさノンビリと持ち出すことができた。といっても前回の写真と同じ場所である「とある牧場」である。この牧場のご子息も写真好きなのであるけれども、僕のカメラをみるなり「○ヤノンってメーカーがすきになれないんだよなぁ」って言われてしまった。言いたいことは分かる、分かるのであるが・・・そーいうこと持ってる人の前でいうなよぉ・・・



すでにアチラコチラで言われていることではあるが、5Dmk2の画作りは「こってり系」、だと思う、まず間違いなくそうだと思う。これまでのキヤノンDSLRで使っていたピクチャースタイルのどれを使っても、DPPで現像しようが、フォトショップCS4(体験版)で現像しようが確かに「こってり」しておる。どの機種でも同じ傾向の画になるように、ということがピクチャースタイルの前提だったと思っていたが・・・。まあ、そのうち慣れるでしょう。



sRAW1 &2 !! これもすでにアチラコチアで言われていることであるが、非常に有効ですね。2,100万画素を必要としないときにメモリを圧迫しないで済むのはもちろん、高感度時にただでさえ少ないノイズがより緩和される。すでに使ってみたけれどこれはいい。sRAW1なら小さいとはいへえ、普通に必要十分な1,000万画素が確保されているわけで、この高画素機の中には「フルサイズ 1200万画素  高画質 高感度耐性で評判の高い某社のカメラ」が内包されているわけか~、と感心しきり・・・って、そーいうこというなよぉ・・・



見てくれのアレとは裏腹にビックリなデータを吐き出す、かなりお得なカメラかな。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 / レンズ:CANON EF 16-35mm f2.8 L 2 USM】



2008年12月8日月曜日

惰性

160



50mmはつづく・・・



というか同じ日に同じレンズで撮ったものなので同じような写真なのである。



明日は・・・明日は自分の写真を撮るぞい!



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 /マウントアダプター:キヤノン→ライカR / レンズ:LEICA SUMMICRON-R 50mm f2】



2008年12月6日土曜日

「普通の」 ・・・



159_2



写真をまじめに(?)始めたころは ニコン FE に 50mm f1.4 をつけて目に付くものは何でもかんでも撮っていた。露出とかよくわかっていなかったけれども、とりあえず、その画角で開放絞りでとると「本物っぽい」写真になったような気がしたのであるが・・・



時は移って、いま。僕も普通に「それってフルサイズ対応なの?」なんていっている。世間様も同じだし、カタログでも「フルサイズ対応の~」と当たり前のように表記されている。5年も前に「フルサイズ」なんていったら、ナンノコッチャであろう。35mmフォーマットは「普通のフィルム(フォーマット)」、いやむしろ「小さなフィルム」だったなぁ。いつの間にかフルサイズは「特別で高価なフォーマット」で「大きなセンサーサイズ」になってしまった。



久しぶりにフルサイズ・・・いやいや、「普通の」フォーマットのカメラをつかったら、50mmの画角がとても新鮮で、なんだか本物っぽいデータが得られているような気がする今日この頃であったりする。



AFでEFマウントの50mmほしいな・・・



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 /マウントアダプター:キヤノン→ライカR / レンズ:LEICA SUMMICRON-R 50mm f2】



2008年12月5日金曜日

進化

158



50mmは50mmの画角で写る、すると、周辺の画像の乱れや光量落ちもそのまま写る。そもそも開放ではイマイチしゃっきりしない昔のレンズである。なんかいーじゃん!ふけ~!



錯覚かもしれないけど、645の中判でプロビアで撮ったかのような・・・錯覚か。でもこれほどのデータ量をもった写真が35mmシステムで、なおかつ高感度で、さらには大口径レンズで撮れちゃったりするのだから写真環境は凄まじく進化しているなぁ、と思う。



それにしても、色の調整って、ふと気づくと随分楽になったような気がしませんか?デジカメの処理が向上したのか、レタッチ&現像ソフトが高度になったのか、使用者が慣れてきたのか?たぶん全部でしょう。



いろいろなものが頑張って進化しているなぁ。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 /マウントアダプター:キヤノン→ライカR / レンズ:LEICA SUMMICRON-R 50mm f2】



2008年12月2日火曜日

5D Mark2

157



久しぶりのブログ更新、というよりはしばらく更新するのは控えていたのでした。同時に二つのことはできない僕です。



そして 5D Mark2 うむ~むむ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



↑もちろん感心しているほうの感嘆詞



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 5D Mark 2 /マウントアダプター:キヤノン→ライカR / レンズ:LEICA SUMMICRON-R 50mm f2】



2008年10月6日月曜日

恐怖のダァンス

156



雄猫は成長し、人知れず踊りだすようになると、飼主の元を離れ猫の王様の下に行き修行をするとか。そして数年後には立派な化け猫となり帰ってくる、なんて伝説が日本にはあるらしい。



でもこの子は雌猫なので安心である。そもそもこんな昼のひなかに踊っていたって怖くもなんともないし、実際は小枝とジャレているだけである。何でそんな伝説ができたのか良く分からない。



そんなことより、フィルムとプリントのやまは・・・キョウフぢゃ!



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 1D Mark 3 / レンズ:Canon EF 70-200mm F4 L IS USM】



2008年10月5日日曜日

あとまわし

155



この半月の間、開いている時間は家の大掃除に使っている。今回はかなり大掛かりで抜本的な掃除をしているので時間がかかっているのである。おかげで分別にはかなり詳しくなった。



そんななか、後へ後へとまわしている箇所がある。やるとなれば相当な勇気と労力が必要であろう。



大掃除に着手する前から悩んでいた部分である。



フィルムとプリント・・・



すでに暗室は解体されて、綺麗すっきり、ただの廊下になっておる。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 1D Mark 3 / レンズ:Canon EF 24-70mm F2.8 L USM】



2008年10月4日土曜日

コケたところ

154



フォトキナではいろいろな発表があって、すでに発売されている機種もあったりするのであるが・・・。とりあえず身近なところではEOS50Dが気になる。手持ちのEOS40Dの稼働率がかなり高いので、ここは買い換えるべき~、といいたいところではあるけど40Dは不具合が頻発するので修理に出していて今日戻ってきたところである。50Dの価格も下がるだろうからしばらくは様子見、と。



「なんてったって欲しいものNo.1」は、「フォトショップCS4」!ようやく64bitに正式対応してくれた。これでメモリーをドカンドカン使えるようになるぞ!



「なんてったって欲しいものNo.2」は、「EOS5D Mark2」!持っているカメラは全て1,000画素程度だし、どうのこうのいってもフルサイズだしで、そりゃキヤノンユーザーなら多くの人は欲しいでしょう。



オリの梅広角ズームは・・・、自分の中で欲求が消えてしまった。いつか出るであろう広角単焦点に期待してのこと。



写真は、子猫が「コケた」ところ。ズッコケても目は本気である。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 1D Mark 3 / レンズ:Canon EF 24-70mm F2.8 L USM】



2008年9月26日金曜日

心に思うことあれど・・・

153



キャノンをガッツリ使っていて、オリンパスの好きな僕としては、この秋の新製品発表に対して「次世代」を感じる部分もあり・・・、ここでいろいろ書き散らしたくもあるのですが・・・、



申し訳ないです、ちょっと時間に余裕のない今日このごろ。折をみて~



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS E-420 / マウントアダプター:フォーサーズ→ライカR / レンズ:LEICA SUMMICRON-R 35mm f2】



2008年9月24日水曜日

暗室を撤去

152



今日はお休みだったので(世間様は祝日らしいがそんなことは知らない)、かねてより時間が空いては少しずつやっていた大掃除の一環として、暗室の撤去をした。軽く流したけれども「暗室の撤去」である、アンシツのテッキョ・・・ああ・・・



数日の前に引き伸ばし機の解体と清掃はしてあったけれども、正直言ってこんなに大変だとは思っていなかった。何しろナガ~イあいだ光を通さない空間だったので・・・、夜までかかってしまった。物はどけたし暗幕もはずしたけれども、もとより暗いのでどうなっているのか分からない。拭き掃除は明日朝にすることにしたけれども・・・こわひ・・・



暗室の撤去作業中はいろいろなことを考えた。あんなことや、そんなこと。こんなことや、そんなこと。



話変わって、おりもおりである、35mmフィルムというフォーマットを定義づけた、ライカ社が新しいプロ用フォーマットを発表しましたね。デジタルが本流で、それは避けようもないことであるけれども、いよいよシャープネスをかけて「すごい解像力だ!」なんて誤魔化している時期も過ぎようとしているのかもしれない。



僕は写真にとって良いことであると思う。



写真。友人にお貸ししていたE-420をお返しいただいた。パンケーキの25mmf2.8でお隣さんのネコを撮影(掃除のあいまに)。良い写りだ・・・



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS E-420 / レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL 25mm f2.8】



2008年9月23日火曜日

・・・・・・

151



下の記事、E-3賛歌なんてこと書いてたらE-2桁機とオリのマイクロフォーサーズ初号機の開発発表があったことを知ったりした。フリーアングルでコントラストAF(しかも高速)ができちゃったりするのだろか・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・いいもん・・・



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS E-3 / マウントアダプター:フォーサーズ→ライカR / レンズ:LEICA SUMMICRON-R 50mm f2】





忘れちゃいけない

150



EOS50D、5D Mark2、マイクロフォーサーズ、オリの広角梅ズーム・・・、ドキドキの新製品発表の渦中で、今日はE-3にズミクロン-R 50mmをつけてみた。



E-3は良いカメラだ。画は綺麗だし頑丈なフラッグシップとしては小さくてファインダーもしっかりしている。でもそれだけではなくて、今日のようにマウントアダプターで世界のさまざまな他社製レンズを装着できる。



それも強力な手振れ補正で。そういえばそうだったの今日のE-3回想。まだ一年しか使っていないし、とても存分に使ったともいえない。いかん。



今日の写真。こちらも久しぶりに宅ネコのプラナ。片手で撮っている。あとでExifを見たらシャッタースピードは1/13秒だった。手振れ補正つきのカメラで絞り優先だとシャタースピードに注意を払うのを怠りがちな今日この頃ではあるが、恐るべしE-3の手振れ補正機能!



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS E-3 / マウントアダプター:フォーサーズ→ライカR / レンズ:LEICA SUMMICRON-R 50mm f2】



2008年9月20日土曜日

I MOVE ON (キモチだけ)

149



(またも)更新が滞ってしまいましたが・・・、心身ともに健康そのものの僕です。最近、身の回りの環境が激しく動こうとしているよう(に勝手に感じているだけかも)で、気ぜわしい毎日を送っています。反応して動いて結果が開花するように実現していけば素晴らしい、人生とはそういうものかも?



さて、さて、秋の新製品ラッシュが始まっているのですね~~~。僕の中の注目株はなんといってもEOS 5D Mark2 なのであるが、2000万画素オーバーでフルサイズ、価格は予約価格ですでに前機種の発表時を下回っている。すごいなー。とはいってもソニーやニコンの同クラス機種に比べたらインパクトがないようで評判はイマイチ盛り上がりに欠けているらしい。



でも画質も使い勝手も(きっと、おそらく)素晴らしいことだろう。革新的な機能や技術をつぎつぎ発表して、これはダンピングでは?と思えるような販売戦略をしてきたきたキャノンが今どのシリーズも熟成を重ねる方向で機種発表をしている。しかも数年前はアレヤコレヤといわれたデジタルカメラでだ。ユーザーとしては喜びこそすれ、歓迎すべきこそすれ、なのであるが、市場の反応はなんだか「おもしろくない」ような。世論とは不思議なものだなあ。



ここで書くとまるで購入予定か、はたまた予約済みのようであるが、現在のところそのどちらでもない。あせる必要もないからね。必要になったら考えましょう。



それよりもオリの梅広角ズーム、コントラストAFができるのかぁ・・・、よさそう・・・、安い・・・、キモチがモリアガルなぁ・・・



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS E-3 / マウントアダプター:フォーサーズ→ライカR / レンズ:LEICA AME 100mm f2.8】



2008年9月9日火曜日

TASOGAREDOKI?

148



“TASOGAREDOKI”の写真、はたまた「夜の猫」の写真、なんてものではなく、ただたんに、仕事のあいまに写真を撮りにいったらあっという間に日が暮れてしまった・・・



ただそれだけの理由の写真であったりする。



気がつけば朝夕は冷え込み、ススキも穂をつける今日この頃である。信州の秋は早い。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS E-3 / レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD】



2008年9月6日土曜日

生き別れた弟に出会った気持ちす・・・

147



MARさんにピュンピュン丸さん、新宿にて、またもや集まり飲んだくれるワレワレであったが、今回はもうお一人、MARさんのご紹介をいただき、seez さんとご一緒させていただいたのであった。



え~、そんなわけで seez さんのご紹介。まず StillALive という写真ブログをやっておられます。ご自分の内面と外面を行き来するような写真と文章が素敵です。当ブログにもリンクさせていただきました。さらには彼はいわゆるプロなフォログラファーでいらっしゃられる(つまりは同業者です)。



んが!!



もっと驚いたのは、私SONEと同じ大学で同じサークルの出身であったりした。いや、ホントにこれにはビックリ!サークルは写真とはまったく関係のないもので、在学中はご縁がなくご尊顔を拝することもなかったのであるが・・・どう言う訳か、いまになって運命のいたずらで東京で写真という異世界で繋がってしまった・・・



人のめぐり合わせとは摩訶不思議なものである、なあ。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS E-3 / レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD】



2008年9月3日水曜日

季節の変わり目

146_4



今かなり「季節の変わり目」のような気がする。最近のこのブログのタイトルもなんとな~く、ネガティブなような・・・、いや~



カラーの写真も載っけたいと思いつつ、またもやモノクロ。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:LEICA R6  / レンズ: LEICA SUMMICRON-R 35mm f2 / フィルム:プレスト400】



2008年9月2日火曜日

擬人



145



このところネコさんの写真は撮っていない、というか撮れていないのか?



上の写真はずっと前に撮ったもの。枯れ木が人間のように思えてピノキオかと思った。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 1N RS  / レンズ:Canon EF 70-200mm F4L IS USM / フィルム:プレスト400】



2008年8月28日木曜日

資源として(環境問題ではありません)

144



資源の定義の一つには「限りがある」ということが条件らしく、たとえば太陽の光などはちがうらしい。それならばフィルム撮影をしていない今の僕にとって、手元にある昔撮ったモノクロ写真は資源ということになるのかも知れない。



限りある資源、大切にしまショー・・・さ び し い



ああ、ごめんなさい、きょうは眠いです。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:MAMIYA C330 Professional / レンズ:MAMIYA SECOR D 80mm f2.8 / フィルム:Kodak TX400】



2008年8月27日水曜日

ちょっと疲れる

143



前回に続いて、デジタルでモノクロを・・・。実は前回、どうのこうのとは言ったものの、何か釈然としないところもあるのは事実である。思へば、ニエプスさんとかダゲレオさんなんかの写真の黎明からモノクロの歴史はスタートしているのであるから、あまり安直にものをいうのも恐ろしいような気がする。もっとも、黎明期には写真用フィルムはまだなかったので、そう考えるとフィルムだデジタルだと論争するのも空しくなる。でも、やっぱりモノクロフィルムの美しさは忘れがたいものである。



ふー・・・



など、過去への思いに浸っていると、キヤノンがEOS50Dを発表してきた。でも、新製品のサイクルの早さに正直、疲れた・・・。50Dはどうやら画素数がアップしたにもかかわらず、高感度特性に相当力を入れたよう・・・、そしてDIGIC4へとなり処理能力が高くなり・・・しかもレンズ特性による補正機能を登録できるという!これは倍率色収差も補正できるのか?!むむむ!(ゴクリッ)



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:CANON EOS40D / マウントアダプター:EOS→ライカR / レンズ:LEICA SUMMICRON-R 35mm F2 】



2008年8月24日日曜日

デジタルでモノクロを・・・

142_3



ちょっと由もあり、思い立ってデジタルカメラでモノクロ写真を・・・、といっても相変わらず庭でウル(飼猫)を撮る。ものぐさである。



デジタルカメラのモノクロモードは好みでないので、というよりモノクロ写真は非常に人による好みの幅が広く、RAWからデジタル暗室作業を行ったほうが良いのではないかと思うので、フォトショでいじってみた。目標は「モノクロフィルムの“あの”感じを手に入れよ!」ということで・・・



一番大切なのは、フィルムのときと変わらず「モノクロ写真にあった光線状態」で写真を撮ること、かもしれない。そして、フォトショップの「白黒」機能と「粒状フィルム」フィルタはバカにできたものではないと気づいた、かもしれない。シャープネスはローパスフィルタで失った分を取り戻す程度にするとよい、かもしれない。本当の暗室作業同様に部分的な焼きこみや覆い焼き、コントラストの決定(プリント紙の号数選択)は重要である、かもしれない。



などなど・・・



それにしても、単焦点の開放はやっぱり綺麗だ。



※ Speak English ? Please see... →→→→ flickr



【カメラ:CANON EOS40D / マウントアダプター:EOS→ライカR / レンズ:LEICA SUMMICRON-R 35mm F2 】





2008年8月22日金曜日

新しくであった作風を、パクッ・・・×

141



写真、素敵な写真を撮られる方と知り合うことができましたので、またパクッ、・・・その方の作風をとりいれさせてもらおうとしたのであるが(するなっつーの)・・・、うーん、やっぱり上手くいかない。写真とはどうやっても撮る人の個性が染み渡っているものなのだなぁ。



それで、その方、nyorokoさんのブログ (←クリック!)



女性らしく繊細さや清涼感を感じさせてくれて、それでいてどこか深みのある・・・、いやいや、僕ごときが評価して価値を限定するべきではないです。是非ご覧ください。



写真学校も女性の方が多い時代である。写真表現と女性意識はとても相性が良いのかもしれない。



※写真はクリックで大きくなります。



※ Speak English ? Please see... →→→→ flickr



【カメラ:OLYMPUS E-3 / レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD】



2008年8月20日水曜日

意義かぁ・・・

140_2



「人」というか、その人の人生というか、歴史みたいなものを写真に撮るのが、まったくもって完成されない僕の夢だったりするのだけれど・・・。そんな写真をとりたい人って結構いると思う。中にはブログをやっている人もいるだろうけど、・・・ブログでやすやすとそんな写真を載せるのは大変だろうなぁ。どうしているのだろうか?



そもそも、一回一回そんな写真のテーマに沿った説明とか思いなんかを書くのシンドイだろうな。



僕なんか、ネコを撮るのも好きなのでこうして、写真を載せてテキトーな文章のせて、気楽なものである。



そー考えるとネコ写真を撮ることになんの疑問もない。



ネコさん達も大変だろうけど・・・



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:Canon EOS 1D Mark 3 / レンズ:Canon EF 28-300mm F3.5-5.6 L IS USM】



2008年8月18日月曜日

HP (Gallery)の更新

139



僕のホームページ(実はHPがあったのです!)の「Gallery」を更新いたしました。



主に当ブログに載せた写真をそのまま流用しておりますが、数点は初めてご覧いただくものもあります。よろしければご覧ください。



それにしても、信州、朝夕は涼しいをとおり越えて肌寒さを感じてしまうようだ。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:CANON EOS1D Mark3 / レンズ:CANON EF 70-200mm F4 L IS USM 】



2008年8月17日日曜日

Bokeh よ再び

138



Bokeh is a photographic term referring to the appearance of out-of-focus areas in an image produced by a cameraa lens using a shallow depth of field. Different lens bokeh produces different aesthetic qualities in out-of-focus backgrounds, which are often used to reduce distractions and emphasize the primary subject



英版「wikipedia」の「bokeh」についての記事の冒頭部分での説明である。ピュンピュン丸さんよりリクエストをいただいたので再考してみることにした(ありがとうございます)。え~、とりあえずはSONE流で訳してみると、「 Bokeh とは写真用語のひとつであり、写真用レンズの被写界深度が浅いことによって起こるピントのあっていない部分の表現をいう。Bokeh の性質の違いは写真背景の美しさを左右するものであり、構図上で不要なものを目立たなくして主題を引き立たせるのにしばしば利用される。」、といったところかな・・・?そしてこのあと、つらつらと boke の説明や科学的な検証が続くのである。



何も間違っていない・・・。そう、問題は望遠やマクロ域での大ボケだけがやたらとクローズアップされていることが「気に入らない」ということだった。二線ボケ=bad bokeh=駄目レンズみたいに言われているところが「口惜しい」のであった。そうだった。



では、実際のところ、どのくらいガイジンダー(外人さんたち)に日本人好みの水墨画のように美的な bokeh (ピュンピュン丸氏談)が受け入れられているのか?それもわからない。



というところで、MARさんより「Flickr」を紹介していただいた。この写真共有のコミュニティサイトに写真を載せておくとガイジンダーから写真いついてのコメントをいただけるらしい。その上、割りの良いお仕事もいっぱいきて、綺麗な女性にもててもてて困ってしまうらしい(MAR氏談。 昔この状態をMMKといった。)



ふむ・・・



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:CANON EOS1D Mark3 / マウントアダプター:EOS→ライカR / レンズ:LEICA AME 100mm F2.8 】



2008年8月16日土曜日

THE LAST HIDRANGEA

137



僕は本日、東京より戻ってまいりました。またもや素晴らしい方々と素晴らしい時間をすごすことができ、いろいろいろいろここで思いを書きたい。また、国立科学博物館の「金ゴールド」展で世界最大の金塊をナデナデして目が「$$$」になった興奮の思い出なんかもネタとして良いかもしれない。しかし!なにより!暑かった!信州に戻ったら疲れがどっとでて夏バテ絶好調だったりする。



熱帯夜と残暑がほとんど無いのがこちらのいいところ、今夜は静養させていただきまする。



写真、恐らくは今年最後のアジサイ(ガクアジサイ)となるであろう~(←予言?)



【カメラ:OLYMPUS E-3 / マウントアダプター:フォーサーズ→ライカR / レンズ:LEICA AME 100mm f2.8】



2008年8月13日水曜日

ヒマワリ(真正面編)

136



昨日の写真と同じ場所で、同じ時に撮った同じヒマワリ。



手抜き?いえいえ、昨日のような写真の後は何故か真正面から捕らえた写真が欲しくなる僕の性分です。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ;OLYMPUS E-3 / レンズ:Leica(Panasonic) D SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.】



2008年8月12日火曜日

ヒワマリ

135



怒涛の連続現場仕事も一段落して、今日から内業(データ処理)なのであるが・・・



なんだかものすごく体がダルい。左肩も引きつるように凝っている。胃がもたれたように重い。気づいていなかったけど、どうやら夏バテしてたみたい・・・、なさけな~ぃ



さて、写真。思へばこの夏中に一度くらいはヒマワリの写真を撮ってここにアップしたいなと思っていたのに全然していなかった。というわけで「ヒマワリ」。漢字で書くと「向日葵」。この花は、夏季のハイライトとも呼べる「お盆」をピークに頭を垂れるという印象なのであるがギリギリセーフのよう。せっかくの「サンフラワー」であるが写真がダークなのは夏バテの僕のフィーリングなのかも?



そして、マイクロフォーサーズの発表に浮かれる前に、今もっているレンズを使い切っていないではないかと後ろめたい気持ちの僕の表現かも?



そして、そして、明日から東京にお出かけであったりする現実であったりする・・・



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS E-3 / レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4.0 】



2008年8月6日水曜日

「マイクロフォ-サーズ」だとぉ!

134



おおー!つひに! フォーサーズに期待したことが現実となる日が近い!



マイクロフォーサーズシステム!!!



真に実用的な小型で高性能で自由度の高いデジタルカメラはでないのか?でないのか?でないの?だめッスカ??なんだよぉー!と思い続けていたが、発表によればほぼ僕の(みんなの)期待した通りのシステム構想ではないかぁ!アメージング!



これまでのフォーサーズと同じくオリ、パナ、シグマが共同で参入する(脱落者なし)。フランジバックを半分として、これまでフォーサーズでネックだった広角側での小型化を達成する。しかもボディーが薄くデザインにも期待できる。買うの買わないのは別として、フォーサーズ規格が発展していくのが嬉しい。もしかしたら夢の「フォビオンフォーサーズ」がでるかも?ライカができなかったことをフォーサーズが実現するかも?



ウキウキしますねー!



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS E-3 / レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD】



2008年8月5日火曜日

ぷはー!

133



ちょっと、ご無沙汰してしまい申し訳ありませんでした。



んで、今日は息継ぎの日(といっても内業がたまっている)なのである、プハ~!! あと,、ONE WEEK! しかし年中こうなら結構リッチになれるだろか?



写真は市内の製材所の親子ネコ、プハーっとしているわけではなく、単なるアクビなのである。って、見りゃわかるか!?



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS E-3 / レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD】



2008年8月1日金曜日

目ぇ、まわってます

132_2



う~む、明日から出張だぁー・・・・!



まだ、準備も中途で、なんか他にも処理しなければなれないことイッパイあるような気もするし、なんだか大切なことを忘れているような気もするのである。いい加減、この「おおざっぱ」な性格ともおさらばしたいと願いつつ・・・



早く寝なければ。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS E-3 / レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4.0 】



2008年7月29日火曜日

心像の正体(僕の場合)



131_3



我々が「自然である」と思い込んでいた世界は虚像でしかなく、果てぬことのない人間の欲望が我々自身を傷つけている・・・、とか全然考えないで撮りました。



先日、なんだか大そうなことを書いておいて・・・え~、おはずかし。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS E-3 / レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4.0 】



2008年7月27日日曜日

ネガは楽譜、ゆえのサラバ

130_2



「ネガは楽譜、プリントは演奏」でしたっけ?アンセル・アダムスの言葉って?



フィルム撤退の宣言とともに復活したこのブログですが、モノクロフィルム用の現像タンクとその周辺の物品だけは、誰か気持ちよく使ってくれる人に譲りたくて(giveするということです)手元においておいた。が、ついに、行く先が決まった。とても嬉しいことです。



ネガは楽譜、だけにフィルム現像も自分でエッチラオッチラやっていた。失敗が多くて現像過多で真っ黒になったり、定着不足で紫になったりしたけど、僕のほぼ全てのモノクロフィルムはこの小さな銀色のタンクから生まれたんだなぁ、と思うと感無量であったりもする。



ただ、楽譜ができても奏者の僕が暗室を止めてしまったのでは、思い出の銀管もただの茶筒でしょう。なんだか申し訳も無いけど、もらわれた先でまた奇跡の化学変化をもたらして欲しい、であります。



写真は、ず~っと前に撮ったコムギ畑で、カラーネガです。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:LEICA M6 / レンズ:KONICA Hexianon 50mm F2.4 / フイルム:不明】



2008年7月25日金曜日

「・・・・・」

129 



うむ、たまには暑いの疲れたのなどといわずに写真だけを載せて、しぶ~く行ってみよう!



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:ハッセルブラッド 500C/M(500クラシック) / レンズ:カールツァイス CF プラナー 80mmf2.8 / フィルム:コダック Tmax400】



2008年7月24日木曜日

A・T・H・U・I!

128



暑い!ですねー!?  A・T・H・U・I! あつい、あつい!あてゅ~い!ですね~。なんて書くとむさくるしくなるので止めておこう。



昨晩、夕食をご一緒させていただいた方からお盆の話題をふっていただいたのであるが・・・、そーかーもうすぐお盆か~、と思って予定表を見たらお盆まで悲劇であった。貧乏暇無し!「お盆は怪談番組を見ないようにしておとなしくしるよ」と返答しておいた次第である(←心霊恐怖症および暗所恐怖症)。



また、本ブログ滞りがちになるかもですが、懲りずによろしくお願いします。



ネコ写真も撮っていない。何のブログかも分からないですね・・・。仕方がないので春頃に撮ったカットで、お茶を濁して、申し訳ないです。写真とか機材のネタをブンブン語れるブログになれるのはいつの日のことか・・・



【カメラ:OLYMPUS E-3 / レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD】



2008年7月21日月曜日

Awesome!

127_2



それは昨夜のことであった。当事者のSONEは、神父なジェームス・ブラウンに “You see the light !?” とソウルに問われたかのようであったといふ。



素直に心で思ったことというのは案外実現するものである。そもそも、本ブログを開始するにあたっては、多くの方がそうされることと思われるが、他の先輩諸兄のブログをいろいろ物色していいところをパク・・・ぬすっ、いや・・・参考にさせていただいている。



そのような中にあって、とりわけあるお二方の猫写真ブログが、僕の琴線に触れ、「仲良くさせてもらいたいな~」なんてアマアマな考えでズウズウしくもコンタクトをとらせていただいたいたのであるが、幸いにもお二人はとても優しい方で、僕のアクションに対し寛大なリアクションをいただき今日までやってこられたのであるが・・・



ピュンピュン丸さんとMARさん、に会えて飲めた。素晴らしいことである。ご両人ともその筋」の雄にして、「バリバリ」にしてカッコいいナイスガイでした。予想通り!



写真のこと、仕事のこと、デザインのこと、楽しいこと、話尽くせぬままに終電を向かえてしまったけれども、共通項はまじめに楽しまなきゃ、で一致!・・・したような?是非今後とも、3人で熱いことまじめに楽しくしたいです。



なんだか極プライベートなことで申し訳ない記事ですが、感動は隠せない。今後ともよろしくお願いします!



・・・んで、写真。お二人に「SONEさんの写真は隙がない!」とのご指摘をいただきましたので、こんな写真をアップさせていただきました。どうかな~・・・ドキドキドキ



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:SIGMA DP1】



2008年7月17日木曜日

快進撃

126



DP1の最終奥義ともいえる高輝度周辺のマゼンタカブリ、を一杯出そうとしたら・・・上の写真、申し訳ないことです。



さて、先日、新宿のニコンプラザで噂のフルサイズDSLR、D700を直に見た。といっても買う予定はないので10秒ほど眺めただけであるけれども(もしかしたら実機でないかも?)、でっかいペンタ部を見るだけで、その威容にタジタジであったりした。しかし、まさかキヤノンの5D後継機より早くにニコンがこのクラスのフルサイズを出すとは・・・



ニコンの快進撃はすごいな~。まさにアレですね。





きょじん! たいほー!! たまごやきー!!!





ちなみに僕は中日ファンです。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:SIGMA DP1】



2008年7月16日水曜日

日比谷公園(と別件でお知らせ)

124



7月14日の東京は猛暑であった!ですね?そんな日に東京に行ってしまった僕であったけれども大変有意義で楽しい上京であったです。あんまり良くて筆舌に尽くしがたいのでここまでとして・・・



そのうだるような暑さの中、所用があって永田町へ行き、ついでに日比谷公園に寄った。始めて行ったけど、いいところである。そこが日本初の公園であることをその日の夜に、とある有能な建築士さんに聞いた。そして日本の行政のお膝元ともいえるこの場所に暮らすネコさんがいるのにビックリしたものである。どうやら公園で暮らすオジサン(公園管理者ではない)と蜜月関係のようだったので、オジサンに撮影許可?をもらって撮らせてもらった。さすがに暑さで「ドヘ~」のご様子である。



125 と、「あれ」とか「それ」とか抽象的な表現ばかりの本ブログであるけれども、翌日の今日、知人のnoco-toneさんが初の写真展を開催したというので行ってきた。自分の良しと思う方向で写真家を目指す彼女である。小さいながら素敵な写真展。自分の写真のあり方に悩んでいたら(←僕)、あまり難しいことばかり考えて自分を見失っていたら(←僕)、是非見に行ってください。きっと写真の原点に、写真の素直さに出会えると思います。



noco-toneさんの写真展、詳しくはこちら



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:SIGMA DP1】



2008年7月14日月曜日

DP1 Ver.1.04

123_2



今日のはずの仕事は来週になってしまった・・・。それで、久しぶりに日曜日を満喫し、マリモのようにのびていた髪を切りにいった。サワヤカデアルゾ。夏よいつでも来るがいい!



さて、DP1のファームウェアが Ver.1.04 に更新されましたね。ドンドン使い勝手が向上している。この勢いで色の偏りも修正してくれるとユーザーとしては嬉しい限りである。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:SIGMA DP1】



2008年7月10日木曜日

30,000件 ありがとうございます

122



え~、本日は夕方から出かけますので早めの更新を・・・



梅雨はなかなか去らないのであるけれども、それが原因か否か(たぶん関係ない)、昨日まで美しくも可憐に咲いていたお向かいさんの庭のバラが酷いことになっていた。犯人はこの写真に写っているムシ(確かハナムグリ君という名前だったと思う)のようだ。バラは哀れであるけれども、ハナムグリ君もなんだか雨に打たれて大変そうだ。まあ、どっちも感情なんてない生き物なのでいいのだろうけど・・・いいのだろうか?まあ、いいか。



今年の4月3日に移転をした当ブログでありますが、本日アクセス数が30,000を超えました。いつもながら、ご覧いただき本当にありがとうございます。たまーに更新が大きく滞る厄介なブログではありますが、今後ともお付き合いくだされば幸いです。



ところで、3ヶ月で30,000件のアクセスというのは、多いのか?少ないのか?まあ、いいか。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS E-3 / レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro】



2008年7月8日火曜日

願い事

121



えー、今日は七夕の日なので願いごとを言いましょう。



禁煙が成功しますように!



禁煙が成功しますように!



禁煙が成功しますように!



シャーーーッ!って、でも、これは流れ星が落ちたときの願い方ぢゃないか!クーッツ!



でも今日は以前いた会社の女の子にパンをもらったのでOKとしとこう。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:SIGMA DP1】



2008年7月7日月曜日

どとー

120



怒涛(どとー)のような5日間が、終わったぁー!ちかれた・・・



明日からは別件に取り掛かろう。でも明日は半労半休にしよ・・・



DP1、表現力はやはり他のベイヤー型の撮影素子のデジタルカメラとは一線をがしているような気がする。雲の表現なんか感心してしまう。でも28mmの画角は苦手なので16:9にトリミングして一人勝手に楽しんでいたりする。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:SIGMA DP1】



2008年7月4日金曜日

衝撃 感謝

119



本日はとある小学校の音楽会の録音。撮影でなく録音である。以前いた会社の関係でこんな仕事もまれにしたりする。朝から会場に入って、録音準備してVTRに音を送ったりして、9時ちょっと前に開演。



順調であったが、6年生のクラスで妙に大きな声で音をはずしている男の子の声がヘッドフォンから聞こえてきた。しかもずっと続く・・・。最初は1年生の子が勢い込んで歌っているのがマイクに入っているのかと思っていた。イベント物なので仕方がない。が、数組あとの6年生全体の合唱で、その声の主は1年生などではなく6年生のうちの一人のこであることが分かった。かなり楽しそうに、やはり大声で、ポーズをつけながら歌っている。



「ああ、知的障害の子か・・・」と思って、仕方のないことだと心のどこかで思いながら、無視していた。音楽会はそのまま無事に終了した。



終了して生徒さんが皆引き上げた会場で機材を片付けていると、一人の男の子の生徒が寄ってきて聞いた「この機材は歌を録るのに全部いるの?」。仕事だからか、やっぱり流されるように「そーだよー」なんて受け答えていたら、フイにその子が言った。



「僕の変な声がはいってゴメンね」



さっきの男の子だった。衝撃を受けて言葉を返せなくなってしまった。これまでのガサツでささくれ立った自分が解放されたような。適当な言葉を探すのも思いつかずに、大丈夫だよー、としかいえなかった。



そんな僕であるが、この夏、これは運命のいたずらか、厚生労働省のプロジェクトで発刊される、知的障害者の権利を守るための雑誌「PandA-J」の写真を担当させていただくことになっている。今日まで、それもどこか仕事的に受け止めていたかもしれない。でも、今日、これに全霊を注ぎたいと思った。写真を撮ることでその仕事に携わることができて、そこであるはずの多くの出会いを期待することができる自分が幸せだと思った。



ありがとうございます。



【カメラ:Mamiya New Mamiya6 / レンズ:Mamiya G 75mm f3.5 / フィルム:Kodak Tmax400 】



2008年7月3日木曜日

ごろーん、と

118



んー、なんだー、最近 文章が長かったので疲れたです。しかも物質的な内容だったし・・・。そうそう、物質的といえば、先日みた映画「アラビアンナイト」(アニメじゃないです)で、アラジンがランプの精に



「姫様が僕を好きになるようにしてくれ」という願いをだしたら



「(あちゃー、って顔で)人の心はどうにもできん!もっと物質的な願いにしてくれ。たとえば金なんかどうだ?いーぞー!」なんていっていた。



なんだかグレートにナイスなランプの精であった。



「アラジンと魔法のランプ」が中国の話(正確にはサマルカンド)というのも驚きだった。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:OLYMPUS E-3 / レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD】



2008年7月2日水曜日

モノのこと その3

116_2



えー、写真。特に意味はないです・・・。ちょっと面白いなと思ったのでなんとなく、べつに、関係ないじゃん、の類である。ただ、思うに、これがDP1の正しい使い方かもしれない。何気なく毎日とっていた中に生涯の名作が潜んでいる可能性も無きにしも非ず、である。



さて、「もの」のこと、本日で3回目。



昨日がPC本体のことだったので、今日は、デジタルデータ(もちろん画像)と撮影者との最初の接点となるディスプレイについてである。こいつが、べらんめぇ!だと画像処理の初めの段階からスットコドッコイといってよかろう(相変わらず変な日本語でごめんなさい)。



PC用ディスプレイ、特に画像重視のものといえば近頃は表示可能な色域が adobeRGB 準拠のものが多く、しかも価格破壊状態である。当然そうした新進の adobeRGB 準拠のディスプレイをチョイス、といいたいところではあるが僕のはsRGB準拠である。NEC製でワイドディスプレイでもないが、当面adobeRGBは必要ないので、牛後より鶏口だな~、と考えてのチョイスである。



んで、このディスプレイ、以下のようにセッティングしてあったりする。



   色温度:5400K 輝度:120C ガンマ値:2.2 コントラスト比:85:1



おいおい、それぢゃダメじゃないか~、というご意見をいただいてしまいそうであるが、試行錯誤の上、自分の環境と一般に言われる基準値を考慮して決めている。



そう、つまりsRGBの規格には合わせていないのであるが、それはそれ何は何で、このブログに掲載させていただいております写真は、sRGBプロファイルを埋め込んである。したがってお手持ちのディスプレイをsRGBの規格にあわせてご覧いただだだ・・・、まあ、そこまでせずに気軽にご覧いただければ幸いです。



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:SIGMA DP1】



2008年7月1日火曜日

モノのこと その2

117



え~、ひきつづき「もの」についてであるけれども、その前に今日の写真。こちらもひきつづきDP1での撮影。雨の合間はまさに夏の今日この頃ですね。画質はもう素晴らしいの一言に尽きるが、レンズが・・・、いやレンズ性能は文句なしで、(35mm換算の)焦点距離28mmはやはり苦手かも。できりゃー、35mmとか50mmだと嬉しくて抱いて寝てしまうかもしれない。



さて、「もの」のこと。



今日はパソコンのことでありまする。僕のメインPCのOSは「Windows」、それも「Vista」で、なおかつ「64bit版」である。世の中の多くのPCはWinであり、長いものに巻かれて安心ではあるが、仕事柄まわりの人間はMac使いが多い。同業者はもちろん、音屋さんもビデオ屋さんもデザイナーさんも皆Macを使っている。そんな中でWinを使い続けている僕は、ただそれだけで、いわれのない迫害を受けるものである(ちとオーバー)。



確かにMacは、ことDTPに関してWinを凌駕している。特にカラーマッチングに関しては例の「Color Sync」によって複雑なマッチングの過程を見事に統制していてすばらしいのであるが、僕の場合、Win95時代から合うはずもないプロファイルとの格闘を経てVistaに至ったおかげで、「Winでも大丈夫だもんね~」というくらいの知識は得ることができた(と思う)。



しかし、「RAWデータや16bit画像データをスムースにかつ大量に処理する」という目的の場合、現行のMac Proはいささかスペックオーバーな気がするし、コストに関しては完全にオーバーしているのである、僕の場合。それならば iMacはどうかというと、この場合コスト的にはOKでも、スペックが目的を満足できないような気がする。



だからWin機かというと、市販のWinPCは主にインターネットや事務用途にスペックを合わせているのでこれも厳しい。第一これも結構高い。そこで自作PCとなる訳である。3Dゲームの性能は必要がないので、その部分を排除するだけでビックリするほど安く組みあがる。



つまりはコスト重視でWin機を使っているだけである。



あと、デザインの問題があって、Macのカッチョイイデザインは人前にさらして主張するのが正しい道であるが、僕の場合は自作のWin機なので黒くて目立たないケースに収めて人目につかないようにして対処している(笑)。



最後に、WinでVistaをお使いの方に。フォトショップCS3は32bitOSでは2GBまでしかメインメモリーを使えませんが、64bitOSでは3GB以上使用可能なので快適ですよ!



※写真はクリックで大きくなります。



【カメラ:SIGMA DP1】



2008年6月30日月曜日

モノのこと その1

115



しゃて・・・今日は仕事がキャンセルになり、ぼけっとしておりましたでございます。昨日の仕事が終わった時点でどっかに遠出するという手もあったけれども、外は雨また雨・・・、なので部屋の模様替えや雑用をしていた。



んで、特に書くこともないので久々に「もの」のことを。



え~、この春カメラ界に話題を呼んだコンパクトデジタルカメラのシグマ DP1でございます。SONEが春の頃にフィルム機材を売り払いデジタルカメラ&レンズを拡張したことは既出のことであるが、そのついで(?)に、じつはゲットしていたのである、いや、です。ただ、これだけは趣味要素が濃厚すぎるので買値の半分はカードの分割にしてしまっていた。それで、最近それもメデタク終了し、初期不良があったもののそれも無償修理で解決し、本日ハレテこのブログに登場の次第であったりする。



すでにあちらこちらでその画質は謳われているが、コンデジにしてこの画質は素晴らしい過ぎる。カラーもさすがのフォビオンでフィルムライクな発色に驚きはビックリである。へんな日本語である。



・・・



それにしても、雨すごいね。夕方にちょっとの間雨が止んだので撮ったのが今日の写真。やはりフォビオンなのでカラーが、ってこれモノクロぢゃん! ・・・いやモノクロでもいい味出します・・・



【カメラ:SIGMA DP1】